「海外移籍は現実的だ」川崎MF三笘薫の「推定市場価格」が驚異の“3100%アップ”で欧州注目! Jリーグ勢では何位?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月30日

5万ユーロから160万ユーロへ

昨季に大ブレイクした三笘。市場価値も2億円に跳ね上がった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が日々更新しているのが、世界中のフットボーラーの「推定市場価格」だ。これは、選手の能力や実績、年齢、過去の移籍例などを総合的にジャッジして弾き出される評価額で、移籍マーケットにおける“価値”を示す指標として定評がある。

 その『transfermarkt』は1月29日、Jリーグ勢が軒並みアップデートされた今月の更新で、川崎フロンターレに所属する三笘薫が、5万ユーロ(約625万円)から160万ユーロ(約2億円)へ3100%アップしたと伝えた。

【画像】三笘の序列は? 川崎フロンターレの最新陣容をチェック!
 
「旗手怜央と三笘薫という2人の“流れ星”は、経験豊富なチームメイトに溶け込むのにほとんど時間がかからなかった。特筆に値する。特に23歳の三笘は感動ものだった。3100%アップで、新しい市場価値は160万ユーロになり、ヨーロッパへの移籍は現実的であると見なされている」と紹介している。

 同サイトによれば、三笘の市場価値日本人全体では31位(1位はヘタフェの久保建英の2000万ユーロ)で、外国籍も含めたJリーグ勢の中では12位(1位はヴィッセル神戸に加入が決まったリンコンの350万ユーロ)だという。

 大卒1年目の昨シーズンは、J1リーグで新人最多記録に並ぶ13ゴールに加え、リーグトップの12アシストをマークし、優勝の立役者のひとりなった三笘。2年目の活躍とともに、その市場価値の上昇ぶりにも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

​​​​
【動画】驚異の決定力!三笘薫が昨季に決めた全13ゴール
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ