【名古屋】守備でも魅せる――永井謙佑が放った新たな輝き

カテゴリ:Jリーグ

橋本啓(サッカーダイジェスト)

2015年04月13日

試合の大半をディフェンシブな役回りに奔走。

不慣れなWBでの起用にも柔軟に対応。永井は本職のDFさながらの守備で相手に粘り強く喰らい付いた。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 開幕から2分2敗と苦しんでいた名古屋に、ようやく“春”が訪れた。ホームの豊田スタジアムで迎えた広島戦は、攻守が噛み合い2-0で今季リーグ戦初勝利。ナビスコカップを含め、今季初の無失点に抑えられたのも好材料だろう。

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・5節

【J1採点&寸評】1stステージ・5節 全9試合の評価をチェック!

「対広島という点では、狙いどおり」(西野監督)という戦いのなかで目を奪われたのが、永井の守備面での働きぶりだ。
 
 これまでは主に、4-2-3-1の左サイドハーフを務めてきた永井だが、「(マッチアップした)ミキッチを抑えて欲しいと監督から言われた」ため、広島対策として採用した3-4-2-1の左WBとして出場。ミキッチをケアしながら、自慢のスピードを活かした背後への飛び出しが勝利へのポイントになると予想された。
 
 しかし、いざ試合が始まってみると予想は大きく裏切られた。広島のWB(ミキッチ)の攻撃を抑制すべく最終ラインに吸収される場面が多く、大半の時間をディフェンシブな役回りに奔走したのだ。
 
 もともと、豊富な運動量を活かしたチェイシングもこなす永井は、守備もある程度は計算できる。とはいえ、本職ではないWBとなれば話は別だ。要求どおりにミッションをこなしていたが、「いつまで堪えきれるか」との疑念も抱いていた。
 
 ところが、そんな不安を余所にミキッチとのマッチアップに対応。90分間を通して綻びは見られず、相手ボールになればしっかりと低い位置へポジションを取って守りに徹した。その姿は本職のDFさながらで、粘り強く相手に喰らい付きながら「周りとの距離感は良かったし、やることもはっきりしていた」と上手くこなしていった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    12月15日発売
    2018年シーズンを総括!
    Jリーグ総集編
    全57クラブの激闘収録
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月4日発売
    欧州100クラブの
    「エース図鑑」
    最も頼れる男はだれだ!?
    2019年“大展望”も必見
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ