「初投稿自分じゃない人初めて見ました」家長昭博のSNS始動にファン騒然!中村憲剛をはじめ川崎関係者たちも続々とコメント

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月27日

「2回目以降もお楽しみに」

圧倒的な強さで優勝した今季の川崎でもひと際輝きを放っていた家長。優勝を決めたG大阪戦ではハットトリックも達成した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 川崎フロンターレの家長昭博が1月26日、自身初となるインスタグラムを始動させた。

 記念すべき初投稿は、男性スタッフが昨シーズン限りで引退した中村憲剛の特集本を手に持つ写真だ。「ぜひ、手にとってみて下さい」とのコメントが添えられている。

【画像】記念すべき家長昭博の初投稿!「これで晴れてインスタグラマー」

 昨年11月にアカウントを開設していた家長。2か月経っての投稿にファンから「初投稿きたああああ!!」「待ってましたぁー」「インスタもCOOL」「これからも度々更新よろしくお願いします」「最高です!!」「初投稿クセありすぎて外で笑っちゃいましたよ」などコメント欄も賑わっている。

 また、家長は川崎関係者の反応にそれぞれ絶妙のコメントを返している。

 中村憲剛の「FOOTBALLPEOPLE!!みなさん、アキのインタビューもありますのでぜひご覧ください!!アキありがとう」というコメントには「詳細ありがたいです(^^)」

 小林悠の「初投稿自分じゃない人初めて見ましたよ。笑」に「2回目以降もお楽しみに」。

 元フロンターレの板倉滉の「逆に!!笑」には「逆に誕生日おめでとう」。森本貴幸の「主務」には絵文字を送っている。
 
 昨季は数々の記録を作り、クラブとしても初の2冠を達成した川崎。ピッチ内の強さとともに、村井チェアマンも「地域密着を絵にかいたようなクラブでもあります。フットボールの観点と社会との連係の観点が非常に高いレベルで両立している、私にとっても理想のクラブ」と絶賛するほど、ファンや地域とともに歩んできたクラブでもある。

 そしてまさに旗手としてその中心にいた中村憲剛が引退時に懸念していたのも、そんなピッチ外でも影響力を持つ後継者の問題だった。

 家長がインスタグラムを始動し、初投稿に(本の表紙ではあるが)中村憲剛の画像を選んだのには、そんな中村への回答の意味もあったのかもしれない。

 何はともあれ、ピッチ外と同様にSNS上での家長の活躍にも注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】涙あり笑いあり!川崎らしい”アットホーム”な雰囲気で行われた中村憲剛引退セレモニーを厳選写真で特集!

【PHOTO】歴代最速優勝を支えた川崎フロンターレサポーターを特集!

【PHOTO】川崎フロンターレが圧倒的な強さで史上最速優勝達成! 歴史に名を刻んだV戦士を一挙に紹介!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ