ランパード電撃解任の舞台裏。事情通が明かしたチェルシーが「失望した瞬間」とは?「取締役会の我慢は…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月26日

1年目は上々の戦績を収めるも…

まだ監督生活3年目のランパード。古巣チェルシーでのキャリアは18か月と短命に終わった。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間1月25日、チェルシーはクラブ公式サイトで、フランク・ランパード監督の解任を発表した。

 2019年7月に、現役時代の古巣の指揮官に就任したランパード。1年目はプレミアリーグで4位に食い込んでチャンピオンズ・リーグの出場権を確保と、クラブのスーパーレジェンドは上々の成績を収めた。

 だが、総額2億ポンドの資金を投じて大型補強を行なった今シーズンは、開幕から新戦力を交えた有効な戦術を見出せずに苦戦を強いられた。それでも地力を見せつけたチームは12月に首位に立つこともあったが、直近のプレミアリーグ8試合で2勝1分け5敗と急降下。「今シーズンのパフォーマンスと結果を向上させるための時間をクラブに与える」として、ランパードは監督解任の憂き目に遭った。

 スーパーレジェンドの更迭劇は英国メディアで小さくない波紋を広げているが、その舞台裏も明らかになってきた。
 
 移籍や監督人事などの事情に精通する衛星放送『Sky Sports』のファブリツィオ・ロマーノ記者によれば、チェルシーは数週間前から鳴かず飛ばずのチームに不満を募らせていたという。英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』のインタビューで、その内情を明かしている。

「チェルシーの取締役会は、この何週間かでランパードに対する考えを改めていた。そして、彼らの我慢はチームがレスターに0-2と敗れたことで限界を迎えた。一貫性のない戦いを続けていたランパードは、その瞬間に完全に失望され、決別を決定された」

 周知の通り、ランパードの後任には、昨年12月末までパリ・サンジェルマンで指揮を執っていたトーマス・トゥヘルの招聘が有力視されている。英紙『The Telegraph』など複数メディアによれば、まだランパードが指揮していた2日前のFAカップ4回戦のルートン戦を戦っている最中にチェルシーはドイツ人監督と合意に至ったとされている。

 ランパードのチェルシーでのプレミアリーグにおける通算戦績は57試合で28勝11分け18敗。この是非は意見が分かれるところだが、いずれにしても目の前の結果が重視されるビッグクラブを率いる難しさを、改めて痛感させられる人事となった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ