「ルーズボールを活かした」吉田麻也が“左足”でセリエA初ゴール! アジア人の得点はクラブ史上初

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月25日

セットプレーの流れからこぼれ球に反応

出場30試合目でセリエA初ゴールを奪った吉田。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間1月24日に開催されたセリエA第19節で、吉田麻也が所属するサンプドリアが敵地でパルマと対戦した。

 CBでスタメン入りを果たした日本代表DFに見せ場がやってきたのは、スコアレスで迎えた25分だった。セットプレーの流れから相手ゴール前に残っていた吉田は、カンドレーバが右サイドから送り込んだクロスが、敵に当ってこぼれたところを左足でねじ込み、先制点を奪う。

 32歳のDFは、これが昨シーズンと合わせて出場30試合目にしてセリエA初ゴールとなった。「ルーズボールを最大限に活かした」とこの得点を伝えたサンプドリアの公式ツイッターによると、アジアの選手がゴールを決めたのは、クラブ史上初だという。

 これで勢いに乗ったサンプドリアは34分にもFWケイタが加点。フル出場を果たした吉田を中心にこの2点を守り切り、2-0で勝利を収めている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
 
【関連記事】
「日本人がかなり上手く守った」8連勝中のインテル撃破に貢献した吉田麻也を伊メディアが称賛!「ヤングを抑え込んだ」
「僕ってマフィアっぽくないだろ?(笑)」忘れられない“親日家”の元イタリア代表の言葉。タトゥーの扱いはどうあるべきか
「ビビッて漏らしてる奴が…」“悪童”カッサーノ、昇給を望むディバラを辛辣批判!「偉大な選手かは疑問だ」
「メディアの皆さん」「気を遣ってもらえると」ポルトガル移籍が囁かれる本田圭佑が、報道内容に苦言。ファンの声は賛否両論
「相手FWの方が優秀だ…」リバプール伝説のOBたちが南野拓実らに不満吐露!?「彼がいれば負けなかった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ