「日本人がかなり上手く守った」8連勝中のインテル撃破に貢献した吉田麻也を伊メディアが称賛!「ヤングを抑え込んだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月07日

「サンプは右サイドのほうが苦しまなかった」

ルカク(左)を中心とするインテルの攻撃陣を水際で食い止めた吉田。(C) Getty Images

画像を見る

 首位浮上を狙っていた8連勝中の強豪相手に、貴重な白星だ。

 1月6日、サンプドリアはセリエA第16節でインテルをホームに迎え、2-1で勝利した。ともに古巣相手となったアントニオ・カンドレーバのPKとケイタ・バルデのゴールで2点を先行すると、インテルの反撃を1点に抑えて逃げ切っている。吉田麻也は3試合連続となる先発で、5試合ぶりにフル出場を果たした。

 吉田は前々節、前節に続き、3試合連続で右SBとして出場。68分にバルトシュ・ベレシンスキとの交代でロレンツォ・トネッリがベンチに下がると、本職のCBにポジションを戻し、最後までインテルの攻撃を防いだ。

 イタリア衛星放送『Sky Sport』や『Sport Mediaset』は、及第点を上回る6.5点と評価。ウェブサイト『TUTTOmercatoWEB』も6.5点で「再び右サイドを務め、アシュリー・ヤングを抑えるのに成功した。トネッリ交代後に中央に移り、クリーンな守備」と賛辞を寄せている。

『calciomercato.com』は、及第点の6点と採点し、「サンプは右サイドのほうが苦しまなかった。適応した日本人選手はかなり上手く守った。インテルが全力で攻めてきた時間帯にベレシンスキ投入でCBに戻り、相手の攻めに耐えた」と、チームの勝利への貢献を評価した。

【動画】“SB”吉田麻也が奮闘!インテル戦のハイライトをチェック!
 
『Corriere dello Sport』紙も「サイドに移され、抑えなければならない中、彼の役割をこなした。終盤は中央に戻った」と、同じ6点をつけている。『Gazzetta dello Sport』紙も、やはり6点で称賛した。

「サンプの右サイドで日本的規律。ヤング相手は比較的簡単だった。イバン・ペリシッチの相手はそれ以上に問題だったが、最終的にはペリシッチにもやられることはなかった」

 連敗を2で止めたサンプドリアは、勝点を20ポイントとし、まず目標となる残留に向けて、降格圏との差を8ポイントに広げた。次節は敵地でスペツィアと対戦する。ベレシンスキが負傷から復帰したことで、クラウディオ・ラニエリ監督が吉田をどのように起用するのか注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【画像】「ルカクでかっ!」吉田麻也が投稿した歓喜の写真
【関連記事】
「心臓はち切れそう」吉田麻也がインテル戦勝利で歓喜の投稿!「SBは違うスポーツやん」との一言に元日本代表DFも反応!
今季2点目を決めた冨安健洋を伊メディアは絶賛も、本人は“結果”に不満!?「誰かが爆撃機と言ったが…」
「メディアの皆さん」「気を遣ってもらえると」ポルトガル移籍が囁かれる本田圭佑が、報道内容に苦言。ファンの声は賛否両論
「相手FWの方が優秀だ…」リバプール伝説のOBたちが南野拓実らに不満吐露!?「彼がいれば負けなかった」
「44歳の私より遅かった」ボタフォゴ退団の本田圭佑を元ブラジル代表MFがバッサリ! 同僚やOBなどからも厳しい声「俺たちをだました」【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ