【横浜FC】「番号も、番号ですし」“覚悟”の10番・中村俊輔が見せる「自分の色」に期待

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2021年01月22日

「自分の色を出したい、出せるかなっていう感触はあります」

背番号10を託された俊輔。今年6月には43歳を迎えるが、モチベーションも、自慢のテクニックにも衰えはない。(C)YOKOHAMA FC

画像を見る

 和歌山でのキャンプがスタートして3日目、オンライン取材に応じた中村俊輔は、現在のコンディションについて次のように話す。

「去年は入りがちょっとハードだったけど、今年は段階を踏んでいくっていう感じで。少しずつ上げている感じですね。そこまで身体はきつくはない。順調です」

 昨年末には故障で戦列を離れる時期もあった。そこの部分の状態はまだ完全に良くなってはいないようだが、フィジカルメニューも精力的にこなして身体を作っている。

 横浜FCには今季で在籍3年目。19年シーズンの途中に加入し、チームのJ1昇格に貢献。だが、昨季は怪我もあり、思うような活躍ができなかった。10試合・0得点。途中出場も多く、無念のノーゴール。持てる力を発揮しきれなかった。

「こういう時期もいつかはくるんだろうな」

 そんな想いを噛みしめながら、2020年を過ごした。そうした状況を甘んじて受け入れていたわけではない。「もちろん悔しいし、もっと出してもらえれば、できるのに」と自信をのぞかせる。

 チーム戦術と、自分にしかできないプレー。その両立の難しさも感じていた。

「チームでやることがある。そこに合わせつつ、自分の“色”を見せるっていう作業が、難しいですね。自分の色を出せば決定機とかは作れちゃうけど、最優先すべきはチームのやり方。そこのバランスですね」
 
 チームのやり方の中で、いかに“中村俊輔”を表現できるか。

「去年よりもチームのやることを分かっているぶん、身体も頭も入りやすい。今年は、番号も、番号ですし。去年よりは長い時間出て、自分の色を出したい、出せるかなっていう感触はあります」

 背番号は46から10に変更。クラブから打診され、いろいろと考えたが、最後は自分の意志で決めた。「覚悟です」。日本で最も10番が似合う希代のレフティは、強い決意でプロ25年目の節目のシーズンに挑む。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】「伝説のFK弾」も!中村俊輔のキャリアを厳選フォトで振り返る 1997~2020
【関連記事】
「まさに最高傑作だ」中村俊輔の伝説FK弾はジダンを超える!? セルティック地元紙で“史上最高ゴール”候補に
「マジで!?」「早く呼んでくれ!」ベトナム移籍を決断した松井大輔。チームメイトのカズ、俊輔の反応は?
中村俊輔がセルティックで残した“伝説”を英国人記者が回想「彼ほどの功績を残した日本人はいない」【現地発】
【横浜FC】往年のバッジョのように――42歳の中村俊輔が観る者すべてを魅了する
中村俊輔の「J1歴代最多FK弾“24発”」を徹底解剖! お得意様は? 最も被弾したGKは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ