中村俊輔がセルティックで残した“伝説”を英国人記者が回想「彼ほどの功績を残した日本人はいない」【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

スティーブ・マッケンジー

2020年09月01日

タフさがなければ生きこなれなかったスコットランドで…

セルティックで特大のインパクトを残した中村俊輔を英国人記者が回想した。 (C) Getty Images

画像を見る

 中村俊輔はおそらく日本サッカーが世界に誇れるレジェンドの一人だ。

 中村がスコットランドで鮮烈なインパクトを残した頃、私は日本の出版社での活動を始めていたため、当然、彼の一挙手一投足は毎日のように追い、周囲の熱狂度に興味を抱いていた。

 私にとって、中村は単なるプレーヤーではない。2005年の夏に、当時の指揮官であるゴードン・ストラカンが熱望して、イタリアのレッジーナからわずか250万ポンド(約3億5000万円)でやってきた彼は、セルティックという欧州でも名の知れた名門で、史上初のチャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント進出に導くなど、文字通りの歴史を作ったのだ。

 ロングボールを主体とした「キックアンドラッシュ」という戦術を用いる文化が根強く残り、タフさがなければ生き残れないとされた当時のスコットランドで、中村が見せたスキルフルで、繊細なプレーの数々は、ある意味で異質だった。ゆえに彼は、今も熱烈なセルティック・ファンの脳裏に焼き付いている。
 
 私の友人で、その生涯をセルティックに捧げているマイケル・ボイルも、中村に魅了された一人だ。

「僕らセルティック・サポーターの間では、愛された選手がクラブを去るときに、その後のキャリアで、どんな道を歩むかに関係なく、『一度チームに入ったら一生セルティック人だ』という言葉がある。だから、ナカは今もセルティック人だよ。それくらいに愛されている」

 当時、チームの人気選手だったヘンリク・ラーションが去り、新たなヒーローを模索していたセルティック・サポーターに光をもたらした中村。そんな彼がチーム内でスーパースターとしての地位を確立した試合がある。それは、おそらく日本の読者にも馴染みのある2006年11月、本拠地セルティック・パークで行なわれたチャンピオンズ・リーグのマンチェスター・ユナイテッド戦(グループステージ第5節)だ。

 クラブ史上初となるCLグループステージ突破がかかった大一番で中村が魅せたのは、スコアレスでの81分、敵ゴール前約30メートルの位置でFKのチャンスを得た時だった。超満員のスタンドからの視線が注がれる緊張の場面で、冷静にゴールを見定めた背番号25は、左足で鋭く曲がり落ちるボールを蹴り込み、名手エドウィン・ファン・デルサルの牙城を崩したのである。

 その瞬間、まるで火山が爆発したかのような地鳴りが鳴り響いたセルティック・パークは、今でも忘れられない。あれは間違いなく21世紀のクラブ史に残るシーンだ。
 
【関連記事】
「予測不可能」「疑いようがない…」中村俊輔、伝説のアウトサイド弾に再脚光! 鮮やかな一撃にファンも熱狂
小野伸二は「日本の宝」で「最高傑作」。“J歴代ベスト11”で称賛の嵐! 中村俊輔も「シンジしかいない」と認める
語り継がれる伝説――スコットランド代表の“10番”が中村俊輔への憧れを語る「ボールボーイだった僕は…」
柿谷曜一朗が挙げる天才たち「イニエスタと小野さんは別格として、1位は…」
「親しい関係じゃなかった」元神戸の助っ人FWが語るイニエスタらスター軍団の実情「ポドルスキが中心にいたけど…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ