「テクニカルで最高だった」“初先発”の久保建英を現地メディアが称賛!「注目に値する」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月21日

「ヘタフェの表情を変えた」

ウエスカ戦でスタメン起用された久保。80分までプレーした。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間1月20日に行なわれたラ・リーガ第19節のウエスカ戦で、移籍後初スタメンを飾ったのがヘタフェの久保建英だ。

 4-2-3-1の右サイドハーフに入った19歳は、加入してまだ2週間足らずながら、持ち前のキープ力でマーカーを翻弄すれば、献身的な守備でも貢献。いきなり任された直接FKでは強烈なシュートを2本浴びせて際どいシーンを作り出すなど、インパクトを残した。

【動画】現地メディアも絶賛!久保建英が初スタメンを飾ったウエスカ戦のハイライトはこちら
 現地紙『AS』は採点で2点(3点満点)をつけ、「注目に値する。前半は素晴らしいテクニカルなアクションをみせた。(敵の左SBであるハビ・)ガランとのデュエルはその前半で最高だった」と称賛した。

 また同じく2点を与えた『MARCA』紙は「クボと(カルレス・)アレニャがヘタフェの表情を変えた」と称えている。

 この2試合で一気に声価を高めた久保。移籍をした決断が間違いではなかったことを証明してみせた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ