福岡がDF奈良竜樹をレンタルで獲得! 伝統の「3」着用も出場わずか6試合、鹿島へは「申し訳ない気持ちでいっぱい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月18日

「目標を達成するために全力で戦います」

福岡が鹿島からDF奈良を期限付きで獲得したことを発表した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アビスパ福岡は1月18日、鹿島アントラーズからDF奈良竜樹を期限付き移籍で獲得したことを発表した。なお2021シーズンにおいて、奈良は鹿島と対戦する全ての公式試合に出場できない。

 奈良はセンターバックを主戦場とする北海道出身の27歳で、北海道コンサドーレ札幌の下部組織から2011年にトップチームに昇格し、プロキャリアをスタート。2016年に加入した川崎フロンターレではすぐさまレギュラーに定着し、J1リーグ連覇(2017、18年)に貢献した。

 昨シーズンからは鹿島でプレー。加入1年目ながら、背番号はかつて秋田豊氏や岩政大樹氏、昌子源がつけた伝統の「3」が与えられるなど、クラブも大きな期待を寄せたが、リーグ戦の出場はわずか6試合にとどまり、実力を証明するに至らなかった。
 
 奈良は、5年ぶりにJ1の舞台で戦う福岡の公式サイトで、「アビスパ福岡の目標を達成するために全力で戦います。素晴らしいシーズンにしましょう」と意気込みを示すコメントを発表。また鹿島を通じては、悔しさと1年間の感謝を述べた。

「このたび、アビスパ福岡に期限付き移籍することになりました。昨シーズンはチームの力になれず、本当に悔しい思いとともに、申し訳ない気持ちでいっぱいです。鹿島アントラーズという素晴らしいクラブの一員として戦えたことは、僕の誇りです。また、僕を受け入れ、どんなときも支えてくれたサポーターの皆さんには感謝しています。ありがとうございました。また皆さんと会える日を楽しみにしています」

 福岡のドウグラス・グローリやカルロス・グティエレスといった助っ人CBからレギュラーの座を奪えるか。対人の強さを武器に昨年のリベンジを果たし、新天地で真価を発揮したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【2020ー21移籍動向一覧】J1・J2・J3 新加入、退団、引退選手&監督動向まとめ
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
【福岡|新体制】目標は「10位以上」に設定。そのために重要となる“強度と質”
【川崎フロンターレの最新陣容】中盤で大きな動きが。ジョアン・シミッチ、小塚和季らをどう組み合わせる?
【ガンバ大阪の最新陣容】FWは実力者ふたりが退団も、穴埋めの見通しは立っている
「こんなに沢山の雪を見たことがない!」新潟のスペイン人指揮官が“大雪”に驚愕! 日本の四季を絶賛「美しいです」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ