【福岡|新体制】目標は「10位以上」に設定。そのために重要となる“強度と質”

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年01月13日

攻守の強みを加速させられる新戦力を補強

下段左から宮大樹、杉本太郎、長谷部茂利監督、志知孝明、渡大生。上段左から森山公弥、永石拓海、吉岡雅和。写真提供:アビスパ福岡

画像を見る

 2021年シーズンは5年ぶりにJ1を戦うアビスパ福岡は1月13日、オンラインでの新体制発表記者会見を実施した。

 就任2年目を迎える長谷部茂利監督は「昨年以上に、アグレッシブで躍動感あるチーム」を作ることを誓う。新シーズンの目標は「50ポイント以上、順位は10位以上、ルヴァンカップはベスト4以上」に設定した。

 新たな戦いに挑むための補強ポイントに関して、柳田伸明強化部長は「攻守にアグレッシブなサッカーに磨きをかける」ことをテーマとしたうえで、以下のように言及した。

「昨年の戦い方については、守備においては、切り替え、セカンドボール、球際、ファーストディフェンスの強度、それに伴う守備の連動。そうしたところが、リーグの最少失点に結びついたと思っています。

 攻撃では、ボールを奪って素早く相手ゴールを目指す、ロングカウンターやショートカウンター、それからサイド攻撃、セットプレーが私たちの武器に。

 この攻撃と守備のストロングポイントをさらに加速させられるような選手を獲得できたと思っています」

 会見には、新たにチームに加わった7名が、各々の目標が書かれたパネルを持って出席。それぞれの目標と意気込みは以下のとおりだ。

●宮 大樹(DF/鳥栖より完全移籍)
『無失点試合を増やす!!』
「昨年のアビスパ福岡はJ2ですごく無失点試合が多かったので、それをJ1でも増やすことが大事だと思います」

●杉本太郎(MF/松本より完全移籍)
『成長』
「少しでも日々成長できるよう、日々のトレーニングからやっていって、チームの勝利に貢献できるように頑張ります」

●志知孝明(DF/横浜FCより完全移籍)
『楽しむ』
「今シーズンもサッカーができる有難さを感じながら、楽しみたいと思います」

●渡 大生(FW/大分より完全移籍)
『自己研鑽』
「(目標は)字のとおりです。よろしくお願いします」

●吉岡雅和(MF/長崎より完全移籍)
『アグレッシブに!!』
「攻守ともにアグレッシブなプレーをして、勝利に貢献できるように頑張ります」

●永石拓海(GK/C大阪より期限付き移籍)
『アビスパ福岡の守護神になる』
「リーグに少しでも多く出場して、チームにしっかり鍵をかけたいと思います」

●森山公弥(DF/福岡U-18より昇格)
『勝つ』
「ポジション争いに勝こと、試合に出た時にはチームを勝たせられるような選手になりたいと思っています」
 
 また、この日にC大阪からの加入が発表されたブルーノ・メンデス(FW)と、オランダのローダJCからの加入が決まっているジョルディ・クルークス(MF)は会見に出席できなかったが、映像でメッセージを送った。

「日本でのプレーは3年目で、アビスパ福岡の一員になれることを嬉しく思います。チームにとって素晴らしいシーズンになるように、自分の持っている力をチームのために尽くしていきます。ともに行こう、アビスパ!」(B・メンデス)

「素晴らしいクラブでプレーさせてもらえることになり、すごく嬉しいです。近いうちに皆さんとスタジアムで会えるのを楽しみにしています」(クルークス)

 現時点の登録選手は27名。報道陣から、さらなる補強について問われた柳田強化部長は「可能性はあります」と返答。今後も新戦力獲得の動きはありそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ