【横浜FC|新体制】「一戦一戦戦えるチーム」で“TOP10”と“J1定着”を目指す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年01月17日

今季のスローガンは『RECORD THE BLUE 全ては勝利のために』を継続

前列左から韓浩康、小川慶治朗、高橋秀人、伊藤翔、岩武克弥。後列左から猿田遥己、ジャーメイン良、下平隆宏監督、渡邉千真、中塩大貴。(C)YOKOHAMA FC

画像を見る

 J1の横浜FCは1月17日、You Tubeのクラブ公式チャンネルでの生配信で新体制発表記者会見を実施した。

 冒頭で、奥寺康彦会長兼スポーツダイレクターは「1部残留、そして定着ができるチーム作りを目指していきたい」と今季にかける意気込みを口にする。

 今季のスローガンは、昨季に続き『RECORD THE BLUE 全ては勝利のために』を採用。さらなる躍進を視野に、再び“記録を塗り替える”戦いを目指す。

 チーム編成について、服部健二ゼネラルマネージャーは「フットボールスタイルを更に具現化できる選手の獲得」「決定力/得点力のある選手の獲得」「ピッチの中での課題を解決できる経験値のある選手の獲得」の3つのポイントを挙げる。この基準に沿って、G大阪からFW渡邉千真、鹿島からFW伊藤翔、鳥栖からMF高橋秀人、甲府からDF中塩大貴らを迎え入れた。

 今季の目標としては、昨季に達成できなかった『TOP10』入りに再チャレンジする。15位でフィニッシュした昨季を踏まえ、「十分に上に行ける手応え、ここを改善すればその目標を達成できるという課題意識をしっかりと確認できている」(服部GM)という。
 
 就任3年目を迎える下平隆宏監督は、「クラブが掲げるスローガン、理念、フィロソフィーをピッチの上で表現したいと思っていますし、それが具現化できる選手を揃えてもらった」と語り、「非常に素晴らしい選手たちとこのシーズンをしっかり乗り切れるように、目標のトップ10に入れるように、すぐキャンプが始まりますけど、キャンプから準備をして、一戦一戦戦えるチームを作っていきたい」と意気込む。

 降格制度が復活する今季は、ビルドアップやポゼッションに重きを置くスタイルの成熟より、勝点獲得を優先した現実的な戦いを余儀なくされる試合が増えるかもしれない。それでも、自分たちの強みを活かしながらブレずに戦い抜くことで、昨季以上の成果を手にする戦いぶりを期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【横浜FC】2021年シーズンのメンバー&背番号を発表! 46番だった中村俊輔が…
【横浜FC】鹿島からFW伊藤翔を完全移籍で獲得。攻守で頼りになる経験豊富な点取り屋
【横浜FC】今年54歳のカズが契約更新!「向上心と情熱は増すばかり」と意欲満々
横浜FCが元日本代表・高橋秀人を獲得!本人は熱い意気込み「可能性を信じて貪欲に成長したい」
【横浜FC】清水からレンタル中のGK六反勇治が完全移籍!今季も23試合でゴールを守る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ