「サポートすべき」「プロなら逆風に耐えなければ」大迫勇也を巡る賛否両論がヒートアップ!ブレーメンOBは辛口で…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月16日

前節レバークーゼン戦はベンチ外に

ドイツでバッシングの標的になっている大迫。見返したいところだが…。(C)Getty Images

画像を見る

 ブンデスリーガのブレーメンに所属する大迫勇也への反応は、様々のようだ。

 1月9日に行なわれたブンデスリーガ第15節レバークーゼン戦ではベンチ外となった大迫。16日のアウクスブルク戦でメンバーに入るかどうか、現地でも注目されている。

 試合を2日後に控えた14日の会見で、ブレーメンのフロリアン・コーフェルト監督は大迫を擁護し、前節は本人と合意の上での休養だったと説明。復帰の時期に関しては明言していないが、「ユウヤにとって良い状態になってからの復帰を考えている。今週のトレーニングでは良く笑って、落ち込んでいる様子はなかった」とコメントした。

 だが、その復帰については賛否が渦巻いているようだ。

 元オーストリア代表のセバスティアン・プレードル(ウディネーゼ)は、現地メディア『Die DeichStube』に寄稿したコラム内で、「大迫だけをバッシングするのは愚かな行為だ」と綴っている。

「ブレーメンのプレーはたしかに、マンチェスター・シティやバイエルンのプレーに比べたら退屈かもしれない。だが、現状をすべてユウヤ・オオサコのせいにすることはおかしい。問題を抱えているのは彼だけではなく、彼だけをバッシングするのは誤った道だ。周囲は、彼の持つクオリティをチームで活かすために、サポートするべきなんだ」
 
 一方で、現地紙『BILD』に登場したブレーメンOBのディーター・ブルデンスキ氏は、「ホームでの試合に弱すぎるし、指揮官のプランもよく見えてこない。クリエイティビティのあるプレーヤーもいない」と痛烈に批判。さらに、大迫についてはこのように辛口で評している。

「私は彼がチームを救うとは信じられない。これまでに自分の力を見せる機会はいくらでもあった。それができなかったのなら、その結果を背負って生きていかなければならない。彼を真綿で包む必要はないだろう。

 プロのサッカー選手は、非常な高給取りで、夢のような仕事だ。逆風に耐えられる選手でなければ。冬に大迫にオファーがある? にわかには信じがたいね…」

 果たして大迫は、アウクスブルク戦で出番がやって来るだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ