「我々は彼を見捨てない」ブレーメン指揮官が大迫勇也をメンバー外とした理由を告白「多くの批判を受けた…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月11日

開幕からノーゴールが続き…

ブレーメン退団も囁かれている大迫の現状についてコーフェルト監督が持論を語った。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブレーメン入団3年目の大迫勇也が注目を集めている。

 昨シーズンに欧州で自己最多となる8ゴールを記録し、自信を持って今シーズンを迎えた大迫。しかし、開幕からノーゴールと低調なパフォーマンスが続き、現地時間1月9日に行なわれたブンデスリーガ第15節のレバークーゼン戦でメンバー外に。これを受けて、地元紙『WESER KURIER』は、「今、スカッドに入っていないということは、オオサコが戦力外であるということを意味する」と苦しい現状をリポートした。

 一部メディアでは、7年ぶりのJリーグ復帰の可能性も囁かれている日本代表FWだが、指揮官は即座に放出するつもりはないようだ。ブレーメン専門メディア『DEI STUBE』は、「ユウヤ・オオサコがチームを追い出された理由」としてフロリアン・コーフェルト監督のコメントを紹介している。

「私たちはユウヤとたくさん話をした。そのうえで、彼の頭を休ませる必要があるという意見で一致したんだ。彼は先週からあまりに多くの批判を受け、とても厳しい攻撃をされた。だが、誰もが悪いプレーをしている。それなのに何でもかんでも彼にぶつけてしまうのは不公平だ。我々の意図はユウヤも理解しているはずだ」
 
 さらに「私は彼をとても大事にしている」と大迫を擁護した38歳のドイツ人指揮官は、こう続けた。

「我々から彼を見捨てることは決してない。ユウヤはこの先の数週間のトレーニングで自信を取り戻せば、再びメンバー候補になるだろう。それは来週か、2~3週間後かもしれない」

 大迫への信頼を改めて強調したコーフェルト監督。この言葉を聞く限り、ブレーメンが日本のベテランFWを見限ることはないようにも思えるが、果たして――。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
J復帰の可能性は「小さくない」!? ブレーメン地元紙が大迫勇也の現状を分析「監督も我慢の限界だ」
「プレッシャーをかけすぎている」大迫勇也が抱える“問題”に、ブレーメンのスカウトが独紙で言及
ヘタフェはなぜ久保建英を獲得したのか? クラブSDに直撃!「サッカー以外の理由はない」【現地発】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
選手権で猛威を振るう“ロングスロー”が物議。「どうかと思う」「何がダメなん?」とファンも賛否両論

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ