「信じられないミス」「悪夢のスリップ」ダービーで痛恨の失策を犯したローマDFに批判殺到!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月16日

敵のプレッシャーに慌てて…

ラッザリ(手前)とのマッチアップに手を焼き、痛恨のミスを犯したイバニェス(奥)。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間1月15日に開催されたセリエA第18節で、首位ミランと6ポイント差の3位につけていたローマは、宿敵ラツィオとのローマ・ダービーに臨み、0-3の完敗を喫した。

 最大のライバルに惨敗を喫したローマにとって痛恨だったのは、立ち上がりに喫したミスからの失点だ。

 開始14分、敵FWチーロ・インモービレが右サイドに展開しようとしたパスをカットしたローマのブラジル人DFロジェール・イバニェスは、余裕があるかのように見えたが、マヌエル・ラッザリがプレッシャーを掛けてきたため、慌ててタッチラインに逃げようとする。

 しかし、ここでまさかのスリップ。ラッザリに当たったボールはゴール前に転がり、インモービレに決められて先制点を奪われる。これで気落ちしたのか、その9分後にも再びイバニェスの対応の拙さもあって失点。67分にも2点目を決めたMFルイス・アルベルトに“ドッピエッタ(2得点)”を許し、為す術なく敗れ去った。

【動画】ローマDFのまさかのスリップ→信じ難いミスはこちら
 序盤に悪い流れを作ってしまったイバニェスが犯したまさかのミスには、厳しい声が寄せられている。現地メディア『TUTTOmercatoWEB』が「まさにセンセーショナルなミス。惨めだ」と評すれば、『Calciomercato.com』は「インモービレのゴールを許したスリップは悪夢の一つだった。ナーバスになり過ぎたブラジル人には苦い現実だった」と酷評した。

 またローマのファンサイト『il Romanista』は「自陣のペナルティエリア内でラッザリが来ているのを気付かなかった、信じられないほどのミス」とこき下ろしている。

 これがダービー初出場だったイバニェス。ほろ苦いデビューとなってしまった。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ