プレミア初昇格が目前! 快進撃を続けるボーンマスがいま熱い

カテゴリ:ワールド

マッシモ・ルッケージ

2015年04月08日

躍進の立役者は、37歳の若き指揮官エディ・ハウ。

2部のチャンピオンシップで首位を走るボーンマス。初のプレミア昇格が現実味を帯びるこのスモールクラブに、イタリア人戦術アナリストが迫る。 (C) Getty Images

画像を見る

 イングランド2部のチャンピオンシップ(フットボールリーグ・チャンピオンシップ)で旋風を巻き起こしているAFCボーンマスは、とても興味深いチームだ。
 
 ホームタウンのボーンマスは、ロンドンの南西150キロほどの海沿いにある、保養地として有名な都市。クラブの創立は1890年と長い歴史を誇るが、そのほとんどを3部、4部で過ごしてきた。トップリーグはおろか2部でさえ、ハリー・レドナップ(前クイーンズ・パーク・レンジャーズ監督)がチームを率いた1980年代後半の3シーズン(87-88~89-90)しか経験したことがなかった。
 
 しかし、2012-13シーズンにフットボールリーグ1(3部)で2位に入り、クラブ史上二度目の2部昇格を実現する。そして昨シーズンに10位と余裕をもって残留を果たすと、2年目の今シーズンは序盤戦から首位争いに絡み、歴史的なプレミアリーグ昇格まであと少しというところまできている。
[編集部・注/4月8日現在でボーンマスは1位。2位ノーリッジと3位ワトフォードが勝点1差、4位ミドルスブラが勝点2差で迫る。チャンピオンシップの上位2チームがプレミアリーグに自動昇格。3~6位による昇格プレーオフを勝ち抜いた1チームも昇格する]
 
 近年の躍進の立役者は、37歳の若き指揮官エディ・ハウ。現役時代にクラブのシンボル的存在だった青年監督は、イングランドでは珍しい、ショートパス主体のポゼッションサッカーをチームに植え付けた。
 
 ハウは、つねにポゼッションによってボールと地域を支配する戦い方を好む。ただしそれは、決して「ポゼッションのためのポゼッション」ではない。相手を動かして守備ブロックに穴を空け、そこからスルーパスやコンビネーションによって、あるいはサイドアタックによってフィニッシュに結びつけるための手段。そういう位置づけだ。
 
 基本システムの4-4-2は、2トップの息の合ったコンビネーションプレーと、両サイドの“縦のペア”のクオリティの高さによって特徴づけられる。
 
 2トップを組むのはカラム・ウィルソンと、ブレット・ピットマンもしくはヤン・ケルモルガン。中核のウィルソンは高度なテクニックを備えたセカンドトップで、得点力に加えて狭いスペースでのドリブル突破やアシストも得意とする。ポストプレーヤータイプのピットマン、ケルモルガンとの相性は抜群だ。
 
 中盤での細かいパス回しから、ウィルソンがボールを受けて2ライン(DFとMF)間で前を向き、ワンツーで裏に抜け出すプレーは典型的な得点パターンのひとつ。ここまでこの3人で、43ゴールをマークしている。
 
 サイドの縦のペアは、右がサイモン・フランシスとマット・リッチー、左がチャーリー・ダニエルズとマーク・ピューという組み合わせ。
 
 リッチーとピューの両ウイングはともに逆足で、サイドから内に向かってダイアゴナルに仕掛けたり、2トップとのコンビネーションでフィニッシュに絡む。小柄でスピードのあるリッチーはここまで11得点・15アシスト、ピューは8得点・6アシストを記録。ライン際を深くえぐってクロスを供給するのは主にSBの仕事で、フランシスとダニエルズは合わせて14アシストを挙げている。
 
文:マッシモ・ルッケージ
翻訳:片野道郎
 
【著者プロフィール】
マッシモ・ルッケージ
イタリア人の戦術アナリスト。イタリア・サッカー連盟の技術委員であり、コーチ向けのサイト『allenatore.net』も運営。技術書、戦術書の出版やWebコンテンツの配信、国内外でのコーチングセミナーの主催など活動は多岐に渡る。1968年1月25日生まれ。
 
(ワールドサッカーダイジェスト2015.4.16号より)

ボーンマスを躍進に導いたのが、37歳のこのハウ監督。イングランド、なかでも下部リーグでは珍しいショートパス主体のポゼッションサッカーを根付かせ、快進撃を演出した。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
モダンフットボール最前線 「システム」から「ユニット」へ――ボールポゼッションについての新たな考え方
【フットボール最前線】インテンシティの上昇がもたらした変化――トレーニングメソッドからチームマネジメントまで
新連載【フットボール最前線】ピッチ上に革新をもたらすか――「最後の未開拓分野」セットプレーの可能性と限界
【新連載】識者同士のプレミア放談「注目のケインもパッとしなかった」
エジルに「4250万ポンド」の価値はあるのか 【アーセナル番記者】が真価を問う
移籍か、残留か――どうなる、デ・ヘア? 【マンU番記者】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ