テレビ越しの声援で「身体が動いた」。山梨学院・長谷川監督は地元に残った選手たちに感謝【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月11日

キャプテンの熊倉は2戦続けてPKストップ

前半12分に先制点を奪った山梨学院。写真:徳原隆元

画像を見る

[高校選手権 決勝]山梨学院2(4PK2)2青森山田/1月11日/埼玉

 11年前の決勝と同じ青森山田と山梨学院の対戦となった第99回全国高校サッカー選手権大会は山梨学院の優勝で幕を閉じた。

 立ち上がりから激しい攻防となった試合は、PK戦までもつれた。

 先手を奪ったのは山梨学院。前半12分に右サイドから中央へ展開すると、パスを受けた広澤灯喜(3年)がワントラップから右足を一閃。鋭いグラウンダーのシュートがネットに突き刺ささる。

 11年前の決勝では0-1で敗れた青森山田。そんな嫌な流れを払拭したのはキャプテン、DF藤原優大(3年)の一撃だった。内田陽介(3年)が送ったロングスローからチャンスを創出すると、ゴール前の混戦にいち早く反応し後半12分にネットを揺らし同点とする。

 勢いに乗る青森山田はさらに攻勢を強めると後半19分、右サイド藤森颯太(3年)からのグラウンダーのクロスを安斎颯馬(3年)が倒れ込みながらゴールに押し込み2-1と逆転に成功した。
 
 一方の山梨学院も後半33分、一瞬の隙を突いて10番の野田武瑠(3年)が隙間を縫ったシュートで2-2の同点と追いつく。その後も青森山田に反撃を受けるが、最後まで身体を張って守り切り、決着はPK戦に持ち込まれた。

 両校一人目が成功して迎えた青森山田の2本目を山梨学院の主将・GK熊倉匠(3年)がストップ。さらに青森山田の4人目がゴール左に外し、4人全員がキックを成功させた山梨学院がPK4-2で勝利を収め、11年ぶり2度目の戴冠を果たした。

 準決勝の帝京長岡戦に続き、PKストップでチームを勝利に導いた熊倉は、「本当にうれしいです。苦しい状況にしてしまって、自分のなかでなにもやっていなかったので、最後にチームを救えてよかったです」とその喜びを語った。

 山梨学院の長谷川大監督は、「非常に厳しい戦い。選手たちが本当に頑張ってくれた。本当に厳しい1年だったので、これが報われて良かったと思います」と選手たちを称え、「テレビ越しに大声援をもらい、ここに来ていない3年生たちの顔を見て、本当に頑張らなければいけないと身体が動いたと思います。ありがとうございます」とコロナ禍でスタジアムに来場できなかった選手たちへの感謝も伝えた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ