「病気とか、謎の怪我とか…」アーセナルの伝説OB、エジルがアーセナルで「史上最高になれなかった理由」を指摘!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月09日

「私の目はウソをつかない」

アーセナルで干されてしまい、退団が濃厚視されているエジル。彼はなぜクラブのレジェンドになり切れなかったのか。 (C) Getty Images

画像を見る

 アーセナルに所属するメスト・エジルは、昨年10月にプレミアリーグの登録外となって以来、その去就が注目され続けている。先日にはトルコの強豪フェネルバフチェ移籍が取りざたされた。

 仮に今冬の退団が実現しない場合でも、エジルは今シーズン終了後の契約満了時まで出番がない状況が続くとみられる。いずれにしても、アーセナルでの冒険は終わる可能性が高い。

 そんなナンバー10について、クラブのレジェンドである元イングランド代表DFのマーティン・キーオンは、「アーセナルにすべてを注がなかった」と見解を示した。

 英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』の番組に出演したキーオンは、「あれほどの才能を持った選手がピッチに立てないのはつらい。非常に残念だ」と述べたうえで、「彼がアーセナルのレジェンドになることはないと思う」と続けている。

「エジルは、あのクラブで私が見てきたレジェンドたちと同じエネルギーや気迫に匹敵しない。もしも、彼がキーラン・ティアニーのような気迫と、あの能力と組み合わせられていたら、アーセナルでも歴代最高の選手になっていたかもしれない」

 今がエジルにとってアーセナルを去るべきタイミングと主張するキーオンは、2017-18シーズンのヨーロッパリーグ準決勝でアトレティコ・マドリーに敗れたときのことを振り返り、「非常に近くで見ていたが、彼はファンをだましているかのような感じだった」と話した。

「彼はユニホームのために全力を尽くしていなかった。私は、彼の振る舞いを『ウソ泣きだ』と非難したよ。非常に間違ったことのような感じだったからね。2年半前のことだが、今も私の意見は変わっていない。エジルは病気とか、謎の怪我を再発するとか、アウェイゲームで起用不可能とかが続いた。選手に問題があるのか? 彼が我々を騙しているのか? 彼が本を書いたら、すべての話が分かるだろう」

 さらにキーオンは、「あれだけの才能を持ちながら使われないということは、100パーセントの力を出していないからだ。2年半前もそうだった」と続けている。

「私の目はウソをつかない。数字はエジルの素晴らしい歴史を示すが、私はそれが納得いくものだと思わない」

 2013年の移籍から7年半。アーセナルとそのファンは、キーオンの評価に何を想い、そしてエジルをどう評価するだろうか。

【動画】まさに魔術師! エジルがCLで魅せた華麗なる3人抜き弾はこちら

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ