【選手権】決勝は山梨学院と青森山田の対戦に決定!11年ぶり2度目の全国制覇なるか、2年ぶり3度目の戴冠か

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月09日

決勝は1月11日、14時5分キックオフ

3年連続でファイナル進出の青森山田(左)と優勝した09年度以来の決勝進出となった山梨学院(右)。(C)SOCCER DOGEST

画像を見る

 第99回全国高校サッカー選手権大会は1月9日、準決勝の2試合を開催。山梨学院と青森山田が決勝に進出した。

 12時5分にキックオフされた第1試合では、山梨学院が帝京長岡に2-2で突入したPK戦を3-1で制して、初出場で初優勝した2009年以来となる11年ぶりの決勝に駒を進めた。

 試合は開始21秒で山梨学院が石川隼大(2年)のゴールで先制。さらに後半立ち上がりに一瀬大寿(3年)がロングスローからのボールを頭で合わせて追加点を手にする。

 しかし後半14分に帝京長岡のMF川上航立(3年)に得点を許すと、同33分にPKを与え同点に追い付かれる。その後突入したPK戦では、GK熊倉匠(3年)が2本ストップし、3-1で制し、白熱した激闘に終止符を打った。

【動画】今大会の最速ゴール!帝京長岡選、山梨学院・石川の21秒先制弾をチェック!
 
 14時30分からの第2試合では、青森山田が矢板中央に5-0で勝利を収め、3年連続の決勝進出を決めた。

 青森山田は序盤の前半16分に安斎颯馬(3年)のゴールで幸先よく先制。同35分には、ロングスローから浦和入団内定のキャプテン藤原優大(3年)が直接ヘディングでねじ込み2点目を奪う。後半も立ち上がりの1分に安斎がこの日2点目を奪い3-0とすると、同5分に名須川真光(2年)のゴールで畳み掛けて4点目。さらに同29分に、右サイドを崩した藤森颯太(2年)からのグラウンダーのクロスに安斎が詰めてハットトリックを達成。青森山田がこのままリードを保ち押し切った。

 この結果、1月11日の成人の日に行なわれる決勝は、山梨学院と青森山田の対戦が決定。埼玉スタジアム2002で14時5分にキックオフされる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】編集部が厳選! 冬の選手権を熱くする必見タレントを紹介!~DF・GK編

【PHOTO】編集部が厳選! 冬の選手権を熱くする必見タレントを紹介!~MF編

【PHOTO】編集部が厳選! 冬の選手権を熱くする必見タレントを紹介!~FW編

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新・本田望結まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ