「今日は何もしていなかったので」山梨学院、守護神の熊倉匠が2失点を反省もPK戦で2セーブ!11年ぶりの決勝進出に貢献

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年01月09日

2点先行も追いつかれる苦しい展開に

PK戦で2本のシュートを阻止した山梨学院の守護神・熊倉。11年ぶりの決勝進出に大きく貢献した。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権 準決勝]山梨学院2(3PK1)2帝京長岡/1月9日/埼玉

 第99回全国高校サッカー選手権大会は1月9日、準決勝の2試合を開催。12時10分キックオフの第1試合では、山梨学院(山梨)対帝京長岡(新潟)の一戦が行なわれ、山梨学院が2-2からのPK戦を3対1で制して決勝進出を決めた。

 試合は開始21秒、山梨学院の石川隼大(2年)が電光石火の先制弾。山梨学院がリードして前半を終えると、後半立ち上がりにはロングスローから一瀬大寿(3年)が直接ヘディングでねじ込んで追加点を挙げる。

 2点のリードを奪われた帝京長岡だが、ここから反撃を開始。後半14分、最終ライン裏へのフィードに反応したキャプテンのMF川上航立(3年)が豪快に蹴り込み1点差とすると、同33分には1年生MF廣井蘭人が相手のファウルを誘いPKを獲得。これを川上が決めて同点に追いつく。

 試合はその後、帝京長岡がたびたび決定機を迎えるも決めきれず、PK戦に突入。PK戦では、山梨学院が守護神のキャプテン熊倉匠(3年)が相手のシュート2本を阻止する活躍で、3-1で制し、11日に行なわれる決勝に駒を進めた。

 勝利を収めた山梨学院の長谷川大監督は、「どうにか勝つことができました」と、PK戦に持ち込まれながらも勝利を収めた試合への感想を述べると、「PK戦は熊倉が非常に落ち着きを見せているので、信頼をもって臨むことができました」と振り返った。

 その殊勲のセーブを見せた熊倉は「自分たちが目指しているのは優勝。次につながって良かった」と安堵の表情を見せると、PK戦を振り返り「本当に今日は何もしてなかったので、活躍するぞという気持ちでPKに臨みました」と2失点への自戒を込めて、必勝を期して臨んだことを明かした。

 11年ぶりの優勝に王手をかけた山梨学院。11日の決勝で、二度目の選手権制覇を成し遂げられるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ