【J1採点&寸評】FC東京×甲府|FC東京が2位に浮上! 石川の決勝弾は芸術点も印象点も満点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年04月05日

石川の決勝弾にはMOMに匹敵する美しさとインパクトがあった。

【警告】FC東京=梶山 甲府=新井、野田、阿部、保坂
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】石川直宏(FC東京)

画像を見る

【試合内容】
 開幕から無敗のFC東京は甲府と味スタで対戦し、1-0で今季ホーム初勝利を挙げた。この日は、負傷の東に代わって先発を勝ち取った石川が躍動。前半15分、甲府の最終ラインの背後を突き、ワンとラップから左足で先制点を決めた。
 
 その後も不用意に高い甲府の背後のスペースを効果的に突いて試合を折り返した。東京は62分、森重がPKを失敗したが、試合の大勢には影響せず。最後まで甲府を圧倒し、点差以上の危なげない完勝劇となった。
 
【J1採点&寸評】全9カードの評価をチェック!

【J1 PHOTOハイライト】1stステージ・4節
 
【チーム採点・寸評】
FC東京 6
甲府の最終ラインのミスキャストを突く背後への狙いが奏功。危なげなく勝利を手にする。

甲府 5
前線からのプレスが足りず、不用意に最終ラインを上げたところを東京に狙われてしまう。
 
【FC東京|採点・寸評】
GK
1 権田修一 6
危ないシュートはほとんどなかったが、チームを最後尾から鼓舞した。リーグ戦3試合連続完封。

DF
2 徳永悠平 6
1対1ではほぼ負けなしで、当たりの強さはこの日も健在。独走ドリブルでスタジアムも沸かす。

3 森重真人 6
PK失敗はあったものの、この日も守備に攻撃に見せ場をつくった。次節はゴールに期待。
 
6 太田宏介 6
積極的なオーバーラップで攻撃に厚みを加えた。負傷から癒えて徐々に動きも軽快に。

30 カニーニ 6
スピード不足を補う駆け引きの巧さと力強さが際立った。セリエA仕込みの守備センスはさすが

MF
7 米本拓司 6.5
切り替えの速さが際立つ。貴重な石川の決勝弾を演出するなど攻守で存在感を放った。
 
8 三田啓貴 5.5
インサイドハーフでは本来のプレーを見せられていない。ドイスボランチでの起用も見たいところだ。

10 梶山陽平 6.5
この日は積極的な攻撃参加や、らしいパスなど本来のプレーでチームを牽引していた。

17 河野広貴 6
決定機も徐々に増え、本来のキレキレな動きも戻りつつある。守備でも奮闘していた。
 
FW
14 武藤嘉紀 6
石川とともに相手最終ラインの背後を見事に突いた。51分の負傷交代が惜しまれる。
 
18 石川直宏 6.5
今季開幕前からの好調を維持。甲府を急襲して決勝点を決める。約1年4カ月ぶりのナオゴールには、MOMに匹敵する美しさとインパクトがあった。

交代出場
FW

20 前田遼一 5.5
悩めるストライカーは、この日もシュート0本に終わる。まだまだ本領発揮とはいかない。
 
MF
22 羽生直剛 6
相変わらずの安定感。リズムとパスコースをつくりだす動きは秀逸のひと言。

MF
4 高橋秀人 -
出場時間が短かったが、クローザーとしてしっかりと役割を果たす。

監督
マッシモ・フィッカデンティ 6
相手の隙を確実に突いてリーグ連勝を飾る。石川の起用も、この日は当たった。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ