関東一のエースが初戦でいきなりハット達成! 笠井佳祐が明かす野球部との絆「3年間同じ教室で過ごしてきたので…」【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

手塚集斗(サッカーダイジェストWeb)

2020年12月31日

「今年は野球部の全国大会がなくなっちゃって…」

初戦でいきなりハットトリックを飾り、チームを勝利に導いた笠井。写真:田中研治

画像を見る

[高校選手権1回戦]関東一4-0山辺/12月31日(木)/ゼットエーオリプリスタジアム

 奈良県代表を相手に、終始主導権を握り4発快勝で2回戦進出を決めた関東一。ハットトリックを挙げたエース・笠井佳祐(3年)が、試合の前日にもらった野球部からエールが大きな助けになったと明かした。

 試合は立ち上がりから関東一が押し込む展開となった。リズムの良いパス回しから、中央突破やサイドへの展開を使い分け、前半3分には10番の笠井が自らドリブルでペナルティエリア手前まで持ち込みシュートを放つも、ボールはクロスバーの上へ。19分にもロングスローから類家暁(3年)がゴール前のこぼれ球に反応するが、シュートはGKの正面に飛び得点には至らず。5バックの山辺の堅守に苦戦し1点が遠い。

 それでも後半4分、平田晟也(3年)のシュートをGKが弾いたこぼれ球を笠井が押し込み先制すると、その2分後にも菅原涼太(3年)のフライパスに抜け出した途中出場の平田が、冷静にGKを交わして無人のゴールに流し込む。さらに24分と36分にも笠井が2得点を重ね、終始主導権を握り続けた関東一が4発快勝で2回戦に駒を進めた。

 3ゴールを挙げた笠井だが、自身の1本目のシュートは大きく枠の外へ。「ファーストプレーだったのでちょっと力んで…(笑)。次の試合からはワンチャンスをモノにできるような選手になっていきたいなと思います」とさらなる精神面の強化を誓った。
 
 前日までは緊張がピークを迎えていたという笠井だが、ある仲間たちからの言葉が肩の力が抜けるきっかけになったという。

「予選の時にちょっと足がつりかけていた試合があって、それをテレビで見ていた野球部に気づかれてて、『(初戦で)足をつるなよ!』みたいな、そういうメッセージをくれた。野球部とは3年間同じ教室で過ごしてきたので思いは強いんですけど、昨日何人かがインスタグラムのストーリーとかでエールを送ってくれたり、個人的にメッセージをくれたりして、肩の力が抜けたというのはあります」

 高校サッカーも今年はインターハイが中止となるなど厳しい1年となったが、それは高校野球も一緒だった。

「今年は野球部の全国大会がなくなっちゃって、東京都決勝で帝京さんにも負けちゃったので、その分も自分たちが全国の舞台でやってやるっていうのを見せればお互いに良い刺激になると思っているので、そういう部分をもっと上までいって見せていきたいと思います」

 多くの人の支えを感じながら臨む3年ぶりの大舞台。次戦は1月2日、神戸弘陵(兵庫)との2回戦を突破し、初のベスト16進出を目指す。

取材・文●手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)

【高校サッカー選手権1回戦PHOTO】関東第一4-0山辺|笠井のハットトリックで関東一が山辺に快勝!

【PHOTO】全国高校サッカー選手権のブレイク候補たちを一挙紹介!~FW編
【関連記事】
【高校サッカー勢力図】2020選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング!! あなたの出身地は何位?
一般観客なしの高校選手権。西が丘で戦った選手たちの感想は?
【選手権】“赤い彗星”東福岡が鮮烈2発で初戦を突破! 難敵・桐蔭学園との注目ゲームを制す
“想定外”で出場した3年生・加藤豪太が決勝ゴール! 山梨学院が3年前のリベンジを果たす【選手権】
「兄ちゃんを越えたい」――全国大会で辛酸を舐めた帝京大可児の10番大森涼が決めた“雪辱の2ゴール”【選手権】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ