「兄ちゃんを越えたい」――全国大会で辛酸を舐めた帝京大可児の10番大森涼が決めた“雪辱の2ゴール”【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月31日

出色のパフォーマンスで違いを生み出す

立ち上がりから攻撃力を見せつけた帝京大可児を牽引したのが、大森(10番)だった。 写真:榎本誉士

画像を見る

[高校選手権1回戦]帝京大可児3-1初芝橋本/12月31日(木)/駒沢

 1年前に全国の檜舞台で辛酸をなめた点取り屋が魅せた。

 この日、立ち上がりから攻勢に出た帝京大可児。その勢いを加速させたのは、1トップに配置された10番の大森涼(3年生)だった。

 11分、ショートカウンターから味方MF鈴木淳之介(2年生)のパスに反応。果敢な突破であっという間に敵エリア内まで持ち込むと、最後は「見えていた」と、食い止めにきた相手DFを冷静にかわして右足でゴールを射抜いた。

 先制点をもたらして「緊張があった(仲井正剛監督)」というチームに落ち着きをもたらした3年生ストライカーは、チームが1点を追加して迎えた31分にも見せ場を迎える。細かいパスワークで相手の左サイドを崩した三品直哉(2年生)のラストパスを右足で豪快にゴールへとねじ込んだのである。

 チームが押し込まれた後半もカウンターから決定機を作り、出色のパフォーマンスを披露した大森。同校史上最高成績であるベスト16越えを目指す今回に懸ける想いは人一倍だ。2年生だった昨年度の選手権、大手前高松との1回戦でスタメンに抜擢されながらも、本領を発揮できず。チームも1-0で敗れて悔しさを味わったのだ。
 雪辱を果たしたい今大会で、ストライカーとして上々のスタートを切った大森は、自信を覗かせた。

「去年は本当に何もできなかったけど、今年は自分としても成長していると感じる。カットインだけだったドリブルが縦にも行けるようになっているし、それがこういう試合でも通じるようになった」

 目に見える結果を残し、仲井監督からも「全国大会で良さを発揮できなかった悔しさをこの1年ぶつけてきた。とくに今日は彼の良さが出ていた」と褒め称えられた大森には、“個人的な目標”もある。それは3つ年上で、3年前の全国大会で帝京大可児の一員として出場していた兄・颯樹さんの得点記録を破ることだ。

「兄ちゃんは選手権で2点取っているから、それを塗り替えたいですね。兄ちゃんを越えたくて、帝京大可児に入ったのもあるので。チームとしてはベスト16を超えて、全国制覇が目標です。だけど、僕個人として大会得点王になって、高校選抜に選ばれたいと思っています」

 緊張感のあった中でも、堂々たるパフォーマンスで違いを生み出した大森。“兄ちゃん越え”まで1点と迫るエースからは目が離せない。

取材・文●羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb編集部)
【関連記事】
【高校サッカー勢力図】2020選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング!! あなたの出身地は何位?
【選手権】“赤い彗星”東福岡が鮮烈2発で初戦を突破! 難敵・桐蔭学園との注目ゲームを制す
【選手権】「私たち自身が希望の光となる」前橋商高主将・石倉潤征による“2分40秒”の力強い宣誓でついに開幕!
【選手権】開幕目前! 編集部が厳選した大会を彩る“ダイヤの原石”たちを一挙紹介!~MF編
【選手権】開幕目前! 編集部が厳選した大会を彩る“ダイヤの原石”たちを一挙紹介!~FW編

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ