「VARは俺の人生から出ていけ」“美弾”取り消しにレスターのマディソンが怒り爆発!「脇毛がオフサイド」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月21日

トッテナムとの上位対決を制すも…

VARに嫌悪感を露わにしたマディソン。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間12月20日に開催されたプレミアリーグ第14節で、レスターはトッテナムと敵地で対戦し、2-0で勝利を収めた。この試合での際どい判定に、背番号10が怒りをぶちまけている。

 ジェイミー・ヴァーディーのゴールで1点をリードして迎えた48分だった。自陣から送られたロングボールにジェームズ・マディソンが反応。見事なトラップでペナルティエリア内へ一気に侵入すると、右足で冷静にゴール左に流し込んだ。

 ただここでVARが介入。マディソンがボールを受けた際にオフサイドラインをわずかに越えていたとして、幻のゴールとなってしまった。

 その後チームは59分にオウンゴールで1点を追加し、上位対決に快勝したものの、イングランド代表MFの怒りは収まらない。試合終了直後に自身のSNSで、「VARは俺の人生から出ていけ。脇毛がオフサイドだったので、ゴールが奪われた」と皮肉たっぷりにコメントし、不快感を露わにした。
 
 これに世界中のファンが反応。次のようなコメントが続々と寄せられている。

「仰せのとおりだ」
「VARはジョークだ」
「レスターは昨年オーリエが得点したときにVARに救われた」
「美しいゴールは認められるべきだった」
「失われた最高のゴール」
「彼は真実を話している」

 毎週のように議論の的となっているVAR。フラストレーションを溜めている選手も少なくないようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】脇毛がオフサイド!?マディソン幻の一撃はこちら(2分45秒~)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ