「新指揮官は復縁を望んだが…」監督交代のサラゴサに香川真司の復帰はあるのか。 現地メディアの見解は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月19日

香川を事実上の戦力外としたSDは解任に

無所属となった香川はスペインで自主トレーニングを続けている。(C)Getty Images

画像を見る

 10月にスペイン2部サラゴサとの契約を解除し、現在は無所属の香川真司について、スペイン・メディア『El desmarque』は「復帰が望まれていた」と伝えている。

 契約解除以降も、香川はサラゴサに留まり、市内の公共施設など使用しながら、トレーニングを続けている。

 一方のサラゴサは、成績不振のためにルベン・バラハ監督を解任し、香川を事実上の戦力外としたラロ・アランテギSDも更迭。後任には、指揮官にファン・イグナシオ・マルティネス、SDにはミゲル・トレシージャを招聘した。

 記事によれば、その就任の際にマルティネス監督はフロントに「香川の復帰は可能か?」と問いかけたという。
 
「降格圏に陥ったチームを救い、昇格を目指すという難題を与えられたファン・イグナシオ・マルティネス監督は、冬の移籍市場で複数の補強を望んでいる。そしてそのうちのひとつが、香川真司のサラゴサ復帰という叶わぬ夢だ。

 彼はサラゴサに到着した際、香川との復縁の可能性を訪ねた。だが、復帰は不可能だ。スペイン・サッカー連盟(RFEF)の規定の通り、EU圏外枠の問題がある」

 さらに、EU圏外枠が空いた場合でも、RFEFの規定では「一度ライセンスがキャンセルされたプレーヤーは、同じシーズン中に同じクラブで再び取得することができない」とされているため、復帰は不可能だとしている。

 これまでに、31歳の日本人アタッカーには、リーガ2部のクラブやプレミアリーグのニューカッスル、セリエAのサンプドリア、中東、アメリカなどのクラブから関心が報じられている。

 冬の移籍市場で、注目の新天地は決まるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ