東京五輪世代のU-23代表候補合宿のメンバーが発表!“国内組”限定で8選手が初招集

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月17日

天皇杯を戦う川崎&G大阪の選手は招集見送りに

昨年末にジャマイカ戦を戦ったU-22日本代表。約1年ぶりの活動でアピールできる選手は?(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 日本サッカー協会(JFA)は12月17日、約1年ぶりの活動となる、U-23日本代表のメンバー発表を行なった。

 今回は東京五輪に向けた国内組限定のメンバーで、12月22日から26日にかけてJFA夢フィールドでトレーニングキャンプを開催する。さらに、天皇杯を戦う川崎フロンターレとガンバ大阪からの招集は見送られた。

 オンライン上の会見で森保監督は「来年に延期された東京五輪に向け、今年1年我々がスカウティングをしてきたなかで、チームで存在感を発揮し、今後に向けてさらに伸びしろのあるメンバー」として期待を寄せた。

 今回はこのチームが立ち上がった2017年12月以降の初招集が8名。沖悠哉(鹿島)中村帆高、安部柊斗(FC東京)、金子拓郎、高嶺朋樹(札幌)、金子大毅(湘南)、郷家友太(神戸)、浅野雄也(広島)らJ1リーグで今季活躍した選手たちが新たに選ばれた。

 新たに8名を選んだ理由については、「これまでの序列が変わっているという事もある。五輪だけでなく、彼らがサッカー選手である限り、常に序列は変わっていく。幅広く選手を見たいという意図も今回のキャンプにはあります」と序列の変化と選手層の拡充が理由だという。

 キャンプの最終日には関東学生選抜とのトレーニングマッチも予定されている。「形式的には45分×2の通常の試合、プラス3本目も考えています。選手全員に出来ればトレーニングマッチでプレーしてもらいたい」「日本代表の強化ももちろん、全体のレベルアップにもつながれば良いなと思っています」と久々のU-23の活動に期待を寄せた。
 
U-23日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーは以下の通り。
※は初招集メンバー

【選手】
GK
波多野豪(FC東京)
大迫敬介(広島)
沖 悠哉(鹿島)※

DF
渡辺 剛(FC東京)
岩田智輝(大分)
中村帆高(FC東京)※
町田浩樹(鹿島)
大南拓磨(柏)
古賀太陽(柏)
橋岡大樹(浦和)
瀬古歩夢(C大阪)
東 俊希(広島)

MF
相馬勇紀(名古屋)
田中駿汰(札幌)
金子拓郎(札幌)※
安部柊斗(FC東京)※
高嶺朋樹(札幌)※
金子大毅(湘南)※
齊藤未月(湘南)
郷家友太(神戸)※

FW
浅野雄也(広島)※
前田大然(横浜)
上田綺世(鹿島)

【スタッフ】
監督
森保 一

コーチ
横内昭展
栗原克志

GKコーチ
川口能活

フィジカルコーチ
松本良一

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ