「1月に出て行くとは言ってない」ポグバの冬の移籍はなしか。代理人ライオラがよもやの発言修正?「イライラしている」

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年12月15日

多方面から発言を批判され…

冬の移籍が取り沙汰されていたポグバ。退団は来夏になるのか。 (C) Getty Images

画像を見る

 12月14日、イタリア紙『Tuttosport』が主催するゴールデンボーイ賞の授賞式が行われた。敏腕代理人のミーノ・ライオラは、欧州最優秀代理人賞を受賞している。

 そのライオラは、39歳という年齢を感じさせずにミランで活躍するズラタン・イブラヒモビッチを絶賛した。イタリア衛星放送『Sky Sport』によると、ライオラは「イブラはバンクシーだ。決して驚かせることをやめない」と賛辞を寄せている。

「(ステーファノ・)ピオーリ監督が説得できてうれしいが、もしダメでもわたしがやめないように説得していた。これほどの選手をやめさせるのは罪だ。サッカーにとって残念なことだよ」

 さらに、ライオラは授賞式で「あと5年はプレーできる。MLSに連れていったことは後悔しているよ。時間の無駄だった。真のサッカーである欧州に残るべきだった」と続けた。

「それから(引退後)、重要な役割を担うだろう。どこかのクラブやUEFAの会長かもしれない。世界を変えるためにね」

 一方で、ライオラはマンチェスター・ユナイテッドに所属するポール・ポグバの去就にも言及した。

【動画】待望の一撃は圧巻のミドル弾! ポグバの今シーズン初ゴールはこちら
 ライオラは先日、Tuttosport紙のインタビューで「ポグバとユナイテッドは終わった」と発言。選手がユナイテッドで不満を抱えていると明かし、「チームを変え、空気を変えなければいけない」と、次のマーケットで移籍するのが双方にとっての最善と述べた。

 このインタビュー内容は、チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント進出が懸かるグループステージ最終節を前に公となった。そして、チームは敗退。ライオラは多方面からその発言を批判された。

 Sky Sportによると、ライオラは今回、「1月に出て行くとは言っていない」と話している。

「わたしは個人的な見解を述べただけだ。それは変わらない。とんでもないことやおかしなことを言ったとは思っていないよ。わたしが意見を言ったからと、イングランドではみんなイライラしている。そっとしておこう。そうすれば、ポールもより穏やかでいられる」

 今回のコメントは、ユナイテッド関係者やファンにどう受け止められただろうか。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ