「まるで豚小屋だ。いや豚も逃げ出すよ…」イングランドの老将がブチギレ! ストークの“酷過ぎる更衣室”が話題に

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年12月07日

あまりの屈辱に“報復”を宣言

あまりの劣悪な環境に文字通りブチギレたのが、老将ウォーノックだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 イングランド・サッカー界きっての硬派な指揮官の憤怒っぷりが話題を呼んでいる。

 事の発端は、現地時間12月5日に行なわれたチャンピオンシップ(イングランド2部)第16節、ストークの本拠地ブリタニア・スタジアムにミドルスブラが乗り込んだ一戦だ。

 試合は19分にナイサン・コリンズの決めた虎の子の一点を守り抜いたホームチームが勝利したのだが、その結果以上に話題をさらったのは、アウェーチームの指揮官ニール・ウォーノックの発言である。

 勝気な監督として知られるウォーノックは試合後のフラッシュインタビューで、「キックオフ前にこれを言えば、選手たちへの言い訳になると思った」と前置きしたうえで、こうまくしたてたのだ。

「今日、我々が案内されたロッカールームは屈辱的な場所だった。まるで豚小屋だ。いや、あそこには動物ですら入れないと思うね。トイレは詰まっていて、シャワールームのまるで血まみれのような室外機からは煙が出ているし、床は水浸しだった。これはチャンピオンシップとはいえ、恥ずべきことだ。完全に侮辱された!」

 さらに「ソーシャルディスタンスすら保たれていなかった」と続けた72歳のイングランド人監督は、試合後の記者会見の場でも怒りが収まらなかった。
 

「ここ(プレスルーム)は随分と暖かいね。ここにいた方がまだマシだったな。なぜなら我々は豚も逃げ出すようなロッカールームにいたからね。小さな倉庫に閉じ込められたような感覚だった。トイレすらまともに動いていないのに、なぜストークの担当はチェックし直さなかったんだ? 我々がメンテナンス会社と話し合うのはどうかしているだろ!?」

 そして完全に堪忍袋の緒が切れてしまい、最後に次のように吐き捨てた。

「彼らが私たちのホームにやってきた時、まともなロッカールームがあると思わない方がいい。同じことをやってやりたい。それぐらいに今日の部屋は酷過ぎた。屈辱的だ……。もしも、我々の代表がちゃんとロッカールームを準備しようというのなら、私は給料で倉庫を買って準備するよ」

 怒りのあまり“報復”を宣言したウォーノック。両軍の再戦は、来年3月14日に予定されているが、はたしてどうなるか――。それにしても「豚小屋よりも酷い」と評されたロッカールームとはどのようなものだったのだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ