【横浜】「少し慌ててしまった」ドロー決着のGS最終節をポステコグルー監督はどう振り返るか?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年12月04日

ゲームを支配し、チャンスも多く作ったが…

決勝トーナメント進出を決めた前節から、スタメン全員を入れ替えて挑んだシドニーFC戦。幸先よく先制も、その後に追いつかれ、1-1の引き分けに終わった。(C)Y.F.M.

画像を見る

[ACLグループステージ6節]横浜1-1シドニーFC/12月4日/アルジャノブ・スタジアム

 すでに決勝トーナメント進出を決めている横浜は、グループステージ最終節でシドニーFCと対戦し、1-1のスコアで引き分けた。この結果、勝点を13に伸ばし、首位通過も確定させた。

 勝利でグループステージを終えることはできなかったが、試合後の会見でアンジェ・ポステコグルー監督は「良いプレーはできたと思うし、ゲームをコントロールして、たくさんのチャンスを作った」と振り返る。ピッチ状態は決して良くなかったが、そうした環境でも「選手たちは自分たちのサッカーを見せてくれた」と評価した。

 課題を見出すとすれば、フィニッシュの精度か。たしかにチャンスの数は少なくなかったが、奪ったのはわずか1得点のみ。指揮官は「ゴール前での落ち着き。そういうところで少し慌ててしまった部分がある」と指摘した。

 次はいよいよ一発勝負の決勝トーナメントが始まる。「アプローチは変えない」と、ポステコグルー監督は自慢のアタッキング・フットボールを貫く構えを示し、「疲れがあるなかでも自分たちは前向きに捉えているし、フレッシュな状態で次の試合を迎えられるよう、良い準備をしたい」と意欲的に語った。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】横浜・神戸・FC東京が揃って16強進出!アジアの舞台で躍進を続ける3チームのGSを厳選写真で振り返り!
【関連記事】
【ACL】横浜がグループ首位通過!シドニーFCと引き分け、決勝T1回戦で神戸とのJ対決を回避
「横浜が上だった」韓国の絶対王者を率いる“元モウリーニョの腹心”、まさかの大敗に日本人アタッカーらの不在を嘆く
「守備がガラガラ」「屈辱の敗退」横浜に大敗した韓国王者に母国メディアが嘆き!「困難な試合を強いられた」
【横浜】大勝でクラブ史上初のGS突破も慢心はない。仲川輝人が口にした課題とは?
【横浜】自分たちのサッカーができたのか、できなかったのか。それが問題だ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ