【横浜】今度こそGS突破なるか。CB畠中槙之輔は「絶対に勝てる自信がある」と気合い十分

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月30日

「日本で通用していたものが、通用するか」

次節の相手は、今季のKリーグ王者の全北現代。前回対戦では2-1で勝利したが、畠中は「簡単な試合ではないと思う」と警戒を強める。(C)Y.F.M.

画像を見る

 今度こそ、決勝トーナメント進出を決めることができるか。

 3日前の上海上港戦、3連勝中の横浜は引き分け以上の結果でグループステージ突破を決められたが、結果は1-2の敗戦。先制点を許し、オナイウ阿道のゴールで一時は同点に追いつく粘りを見せたものの、その後に勝ち越し点を奪われた。

 次節の全北現代戦でも“勝点1”を積めば次のステージに進める。2月の前回対戦では、2-1の勝利。前日会見に出席した畠中槙之輔は、「その時は自分たちのサッカーでしっかり点を取って勝てたので、良いイメージはある」と語る。

 ただ、当時からはかなりの時間が経ち、相手は国内リーグを制して再開後のACLに乗り込んできている。畠中も「簡単な試合ではないと思う」と警戒を強めるが、「自分たちのサッカーをすれば、絶対に勝てる自信はあります。それを明日みんなで披露するだけだと思っているので。しっかり戦いたい」と気合い十分だ。

 アジアの強豪クラブと相まみえるACLを戦う今、モチベーションは高い。「日本で通用していたものが、通用するか」。自分自身としても、チームとしても、どんな成果を得られるか期待が膨らむ。明日の決戦に向けて、25歳のCBは頼もしく「まずは、楽しみたい」と意気込んだ。

構成●サッカーダイジェスト編集部

【PHOTO】横浜Fマリノスの歴史を彩った名手たちと歴代ユニホームを厳選ショットで一挙紹介!
【関連記事】
【横浜】自分たちのサッカーができたのか、できなかったのか。それが問題だ
【横浜】今大会初黒星も悲壮感なし。指揮官が「内容には満足」する理由とは?
【横浜】ACLの独特の雰囲気がそうさせたのか――見慣れない終了間際のボールキープ
【横浜】勝利を手繰り寄せるPKストップ! 大舞台でも揺るがないオビの「自信」
【横浜】機動力に優れるボランチ和田拓也がイメージする“アジア戦略”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ