横浜、ACL再開初戦で強豪・上海上港に1-0勝利!終盤90分の天野弾で3連勝、GS突破へ大きく前進

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月25日

2連勝で迎えた再開初戦はフッキ、オスカール擁する上海上港との対戦

後半途中出場でピッチに入った仲川。積極的にボールに絡みチャンスを窺った。(C) Getty Images

画像を見る

 3月に新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中断されていたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)がカタール・ドーハでの集中開催で再開された。25日には、H組首位の横浜F・マリノスがアルジャノブ・スタジアムで上海上港(中国)とのグループステージ第3戦に臨み、1-0で横浜が勝利を収めた。

 試合は元ブラジル代表のフッキ、オスカールを擁する上海上港に対し、横浜がポゼッションで上回るものの、効果的な攻撃にはつながらず、カウンターからゴールに迫られるシーンも。それでも要所を締めた守備で、前半を0-0で折り返す。

 後半も堅い展開となり、互いにチャンスを見出せないまま時間が経過。しかし徐々に上海上港が圧力を強めると80分、横浜は松原健がペナルティエリア内でファウルを犯してしまい、PKを献上してしまう。それでも、キッカーのオスカールのシュートを横浜GKオビ・パウエル・オビンナが横っ飛びで見事なストップ。執念で得点を許さない。

 すると90分、左サイドからのクロスに仲川輝人がヘディングシュート。これはGKに阻まれたものの、こぼれ球を天野純が押し込み、横浜がついに均衡を破る。試合は、このまま1-0でタイムアップ。横浜が勝利を収め、3連勝とし、勝点9でグループ首位の座を守った。グループステージ突破へ大きな1勝となった。上海上港は勝点6にとどまっている。

 横浜は中2日となる28日、再び上海上港とのグループステージ第4戦に臨む。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「燦然と輝く」1G1AのイニエスタをAFC公式が激賞!「カンナバーロ率いる広州恒大は…」
【ACL】イニエスタの圧巻1ゴール・1アシストで“強敵”広州恒大を撃破! 神戸の決勝トーナメント進出が決定
【横浜】「最高のメンバーで臨める」再開後のACLでポステコグルー監督の展望は?
神戸、横浜、東京らJリーグ勢がACL再出陣!ブラジル・メディア記者が選出した、各クラブの注目プレーヤーは?
【横浜】“自分たちのサッカー”に絶対の自信あり。まずは再開初戦で本領発揮といきたい

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ