「やっぱりマリノスが最高に似合う」水沼宏太の“会心”勝利報告にファン興奮!「帰ってきてくれてありがとう」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月16日

「ACLでも爆発してアジアを獲りましょう!」

10年ぶりに帰還した古巣で躍動する水沼。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 横浜F・マリノスの水沼宏太が11月15日、自身のインスタグラムを更新。前日の一戦の勝利報告を行なった。

 横浜の下部組織出身の水沼は2007年にトップ昇格を果たし、栃木SCやサガン鳥栖へレンタル移籍をしながら5年間在籍。その後セレッソ大阪などへの移籍を経て、今季から10年ぶりに古巣へ復帰を果たしていた。

 今季はここまでコンスタントに出場し、14日に行なわれた浦和レッズとのホーム最終戦では1ゴール・3アシストと圧巻の輝きを放ち、アシスト数は大台の10に。そしてチームも6-2で大勝を収めたこの日はマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれ、大勢のサポーターの前でマイクも握った。

 これらを受け、殊勲の30歳はSNSで「ヒーローインタビューができたことが嬉しかったです」と、喜びのコメント。かつて活躍できず他クラブへと渡ったなかで、再び青いユニホームに袖を通し、MOMとしてサポーターの前に立てたことは格別だったはずだ。

 水沼は続けて「リーグ戦そしてACLとまだまだチャレンジは続きます!高みを目指して、全力で戦い抜きたいと思います!」と綴り、残りのリーグ戦2試合、アジア制覇に向け改めて決意を示すと、最後はハッシュタグを付け「#ゴール気持ちよかったー」「#アシストも狙い通り」「#みんなありがとう」#初の2桁アシスト」「#素直に嬉しい」と結んだ。

 この気持ちの入った投稿にはファンも反応。次のような労いの声が寄せられている。
 
「ヒーローインタビュー痺れました!!」
「おかえり」
「やっぱりマリノスが最高に似合う選手」
「水沼選手がボール持つとワクワクが止まりませんでした!」
「ずっと私の中ではmost-important-player ですっ!!!」
「帰ってきてくれてありがとう」
「ACLでも爆発してアジアを獲りましょう!」
「共に強いマリノスを」

 すでに2ゴールを挙げながら、いずれも勝利には結びつかなかったなかで、ようやく会心の笑みがこぼれた今季3点目。残り試合も、調子の上向く生粋の“ハマッ子”の躍動に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】水沼が1G3Aと圧巻の輝き!大勝の浦和戦ハイライトはこちら!
【関連記事】
【J1採点&寸評】横浜6-2浦和|ハットトリック達成のJ・サントスより評価したのは――
【横浜】J・サントスとオナイウの縦関係。その特性について名クロッサー水沼宏太の見解は?
「こんなん初めて見たわ」横浜の“30M級”オウンゴールにファン驚愕!海外メディアも注目「Oh NO!」
「マジョルカ時代を思い出す」日本代表における久保建英の問題点をスペイン人戦術アナリストが指摘!「特に気になったのが室屋の…」【現地発】
【選手権】初戦の組み合わせが決定!前回のファイナリスト青森山田は広島皆実、静岡学園を倒した藤枝明誠は愛媛代表の新田と対戦

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ