「彼のほうが速い」“人類最速の男”ボルトが絶賛したサッカー界のスターは?

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年11月14日

「欧州に残っていたら…」と悔やむ

一時はプロのサッカー選手も目指したボルトがC・ロナウドについて語った。(C)Getty Images

画像を見る

 クリスチアーノ・ロナウドが徹底した管理で肉体を保っているのは周知のとおりだ。その意識の高さには、同じくスポーツの歴史に名を残した超一流アスリートも感嘆している。

 数々の世界記録や金メダルを持つ陸上短距離界のレジェンド、ウサイン・ボルトもそのひとりだ。2017年に引退したボルトは、今ならC・ロナウドが自分との勝負に勝つと話した。

 ボルトはスペイン紙『Marca』で「間違いなく、クリスチアーノが勝つだろうね。まだ現役なんだから。彼は毎日トレーニングしていると思う。わたしにとって彼はスーパーアスリートだ」と賛辞を寄せている。

「彼はサッカー界においてずっとトップにいる。とてもハードワークをするし、いつも集中しているね。今は、わたしよりも彼のほうが速いと思うよ」

【画像】一緒にお決まりのポーズを取る、ボルトとC・ロナウドの貴重な2ショットはこちら
 大のサッカー好きであるボルトが、オーストラリアでプロクラブの練習生となり、プロの道を目指したのは知られている。

 だが、ボルトは「個人的には、欧州に残っていれば、プロにたどり着けたのではないかと思う。そしてそうなったら良かったんだけどね」と述べた。

「オーストラリアに行ったときは、メディアとか世界のすべてから遠ざかろうと思ったんだ。メディアから遠ざかり、プレッシャーが減ったほうが、自分の助けになるだろうとね。でも、思っていたようにはいかなかった。欧州に残っていたほうが、もっと助けになっていたかもしれない。もっと長く続けて、成功を収めることができたかもしれないね」

 そうなれば、ボルトとC・ロナウドが同じピッチの上で走る機会は訪れただろうか……。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ