「年俸が高すぎる」ユベントスが来夏にC・ロナウドの売却を検討と英紙報道。5つの移籍先候補とは?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月10日

新型コロナの影響で財政が悪化

今シーズンもゴールを量産しているC・ロナウド。ユーベでのプレーは今シーズン限りになるかもしれない。(C)Getty Images

画像を見る

 セリエAで3年目を迎えているポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウド。しかし、今シーズン限りでイタリアを去る可能性が浮上しているようだ。

 英紙『The Sun』によれば、新型コロナウイルスの一連の影響を受け、ユベントスは財政状況が悪化。そのため、C・ロナウドの3100万ユーロ(約38億7500万円)とされる年給を支払い続けることに「高すぎる」と難色を示しているようだ。

 契約は2022年6月末まで残しているが、更新の可能性は低く、来夏に向けた売却を検討しているという。

 そこで同紙は売却する場合の有力な移籍先として、古巣マンチェスター・ユナイテッド、資金力のあるパリ・サンジェルマン、デイビッド・ベッカムがオーナーを務めるインテル・マイアミ、自身の代理人のジュルジュ・メンデスが関わっているウォルバーハンプトン、そして巨額の移籍金と給料を支払いうる中国のクラブという5つの候補を挙げている。
 
 このうち、特に可能性が高いとされているのがパリSGだ。もしユーベを退団する状況になった場合、C・ロナウドはヨーロッパに残ることを優先し、アメリカや中国でのプレーは考えていないとされる。そして、これまでイングランド、スペイン、イタリアと渡り歩き、新たな挑戦をする場にはフランスがふさわしいと考えている、と記事は伝えている。また、トーマス・トゥヘル監督の元でのプレーにも高い関心を寄せているようだ。

 これまで5回のバロンドールを獲得した35歳のトップスターは、来夏にイタリアを去ることになるのか。今後の動向に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ