「悲観する必要はない」大幅な選手変更、3バック――。吉田麻也は指揮官のチャレンジをどう見たのか

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月14日

「そういう変化をもうちょっと加えられていたら…」

パナマ戦で先発フル出場を果たした吉田。主将はピッチから指揮官のチャレンジをどう見ていたのか。写真:龍フェルケル

画像を見る

[国際親善試合]日本1-0パナマ/11月14日/メルクール・アレーナ(オーストリア/グラーツ)

 オーストリア遠征初戦で白星を飾った森保ジャパン。キャプテンの吉田麻也がパナマ戦での指揮官のチャレンジについて口を開いた。

 試合は立ち上がりこそ、前線から積極的にプレッシャーをかけてボールを保持し、主導権を握った。しかし徐々に連係のもろさが露呈し失速。なかなか思うようにパスがつながらず前半は苦戦を強いられた。

 それでも後半に入ると、途中出場の遠藤航を起点に攻撃を組み立てて攻勢を強め、61分には南野拓実が自ら獲得したPKを沈めて先制。日本は追加点こそならなかったものの、この得点でさらに勢いに乗り、その後も猛攻を仕掛け続けた。

 この日もキャプテンマークを巻いた吉田は、試合の出来について、「前半はスムーズにいっていないなという感覚はありました」と課題を口にした。

「相手も守備のポジショニングも良かったので、短いパスをなかなか前につけれなかった。ひとつはそれが課題かなと思いますけど、ロングボール、逆サイドのケアもうまくされていて、長いボールで打開することもなかなか難しいなかで、もうちょっとボールのリズムを変えたり、例えばボランチが一枚降りてきて、ビルドアップの時だけ4バックになったりとか、そういう変化をもうちょっと加えられていたら良かったのかもしれないなとは思いますね」
 
 パナマ戦では、板倉滉や三好康児といった若い選手や、代表復帰となった長友佑都や橋本拳人など、10月の代表活動からメンバーを大きく入れ替えた。さらに慣れない3バックに悪戦苦闘し、試合のなかでチームの連係が噛み合うまでに多少時間を要した。それでも吉田は森保一監督のチャレンジを前向きに捉えている。

「メンバーを多少入れ替えて、違う形でやってというのでいきなり最初からうまくいくとは思っていないですし、もちろん今日も4バックで最初からやっていればもっとスムーズだったっていう意見もあると思いますけど、僕らはいまそれをあえてトライして、自分たちの選択肢を広げている段階。なので悲観する必要はないんじゃないかなと思います」

 次戦は中3日の17日にFIFAランク11位の強敵・メキシコ代表と対戦する。チャレンジをしながらも結果を出し、2020年を締めくくりたいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【代表PHOTO】日本1-0パナマ|自ら獲得したPKを南野が突き刺す!3試合連続の無失点と堅守を披露し勝利!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ