• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本人の猛攻撃だ」苦しみながらも勝ち切った森保ジャパンをパナマ・メディアが絶賛!「とくにミナミノは…」

「日本人の猛攻撃だ」苦しみながらも勝ち切った森保ジャパンをパナマ・メディアが絶賛!「とくにミナミノは…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月14日

危なげなく勝ち切った森保ジャパン

自らが獲得したPKを難なく決めて決勝弾を挙げた南野。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月13日、オーストリアのグラーツで行なわれた国際親善試合で、日本は南野拓実が決めたPKを決勝点として1-0でパナマに競り勝った。

 久保建英と三好康児を2シャドーに据えた3-4-2-1の布陣で臨んだ森保ジャパンは、序盤から主導権を握りながらも、球際で強さを見せる相手の守備に苦戦。思うように決定機を生み出せずにスコアレスで前半を終える。

 迎えた後半に日本は、ハーフタイムに遠藤航を入れて、より相手を押し込めるようになる。そして相手を防戦一方にしていた60分には、南野が獲得したPKを自ら決めて先制に成功した。

 78分に浅野拓磨と接触したGKが一発退場を命じられ、数的不利となったことで戦意を喪失したパナマを尻目に、危なげなく試合を進めた日本は逃げ切り勝ちを収めた。
 
 相手の粘り強さに苦しみながらも、地力の差を見せつけて勝ち切った日本。森保一監督が「選手たちもよくやってくれた」と評したサムライブルーを相手メディアはどう見たのか。地元有力紙『Mi Diario』は「ラ・ロハ(パナマ代表の愛称)は前半こそとても正確で、整ったゲーム運びを見せたが、日本の守備陣の堅い包囲に屈した」と綴った。

「パナマは素晴らしい集中力で前半を優位に終えたが、後半になって、よりプレーが鮮明になり、ピッチの空気を一変させた日本ははるかに良くなった。そしてそれはミナミノのゴールで報われた」

 また、パナマのテレビ放送局『NEXtv』は、代表チームへの手応えを伝えながら、森保ジャパンを高評した。

「パナマ代表はピッチで秩序を保てずに敗れた。トーレス・クリスチャンセンのチームは、前半こそ素晴らしい集団戦を演じていたが、日本にPKから先制されると、日本人の猛攻撃にさらされたのだ。モリヤスのチームは、後半に完全に試合を支配していた。とくにミナミノは危険を冒したプレーを随所で見せていた」

 難敵パナマを打ち負かした日本。この勢いを17日に行なわれるメキシコ戦でも発揮できるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【パナマ戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【日本1-0パナマ|採点&寸評】好調MFが攻守で存在感。板倉、南野らもアピール
「後半、全員別人だわ」「遠藤、ドイツで覚醒したなあ」森保ジャパンの勝利にファン大喜び! しかし物足りなさも…
【日本代表|序列考察アタッカー編】堂安不在…絶好調の伊東も魅力だが、久保の右サイドでの本気を見たい!
久保建英とアンス・ファティ――マシアが生んだ“2人の天才”の知られざるエピソードをバルサ関係者が語る「やりたい放題だった」【現地発】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ