【パナマ戦のスタメン予想】最終ラインは“王道メンバー”か。前線は南野を軸に…?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2020年11月13日

新型コロナウイルスの感染拡大がメンバー選考にも影響

今回のメンバーは10月の活動をベースに編成。起用法も大きく変わらなそうだ。

画像を見る

 10月のオランダでのカメルーン戦(△0-0)、コートジボワール戦(〇1-0)に続き、11月にはオーストリアでふたつの強化試合を行なう森保ジャパン。13日(同日の日本時間23時15分)にはパナマと対戦する。

 今回は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、クラブに戻った際に隔離期間が設けられるFW大迫勇也(ブレーメン)の招集を断念し、MF堂安律(ビーレフェルト)も参加を辞退。一時、追加招集となったザルツブルクの奥川雅也もチームメイトに陽性者が出たことで、初のA代表入りは見送りとなった。

 もっとも10月に続きオール海外組での活動となっており、ベースは1か月前の顔ぶれと変わらない。1勝1分と結果を残したその2試合でのアピール具合を加味しつつ、当時は、入国制限やコンディションの問題で不参加となった橋本拳人(ロストフ)、浅野拓磨(パルチザン)、長友佑都(マルセイユ)を組み込んだものとなるだろう。
 
 システムは3-4-2-1も考えられるが、スタートはメインフォーメーションの4-4-2か。GKは序列の一番手は権田も、先のコートジボワール戦のように、後ろからつなぐ形を求めるなら、シュミットを起用するパターンも考えられる。また17日(日本時間18日の5時)に予定されているメキシコ戦に権田を起用するとなると、パナマ戦はシュミットが先発か。

 最終ラインは連係面を確認するうえでも王道メンバーを予想。左は復帰を果たした長友、CBは10月シリーズから左右の立ち位置を逆にした“鉄板コンビ”の吉田、冨安、右は安定したパフォーマンスが光る酒井が考えられる。

 ここに食い込むとなるとコートジボワール戦で存在感を見せた3人だろう。守備面で貢献した両SBをこなせる室屋、左SBでまずまずのパフォーマンスを示した中山、少ない出場時間ながら決勝弾を奪った植田がスタメンを掴む可能性もある。
【関連記事】
【森保ジャパン最新序列】大迫勇也、堂安律らが不在…攻撃陣の構成は?
「途方もない怒りだ」久保出場試合で発生した指揮官への“ブチギレ騒動”に現地騒然!「反抗的にボールを蹴り飛ばし…」
「侮辱だ、許されない」久保建英を“時間稼ぎ”に使った指揮官を一部メディアが辛辣批判!「本当にナンセンスだ」
「完全にクボが支配した」絶妙アシストの久保建英に現地メディアが満点評価!「氷の上を滑るようだ」
【日本代表】招集メンバーの背番号を発表!堂安が着けていた11番を背負うのは? 復帰組の橋本は13番、浅野は18番に

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ