「KUBISMOが誕生した」久保建英が決めた1年前の“初弾”をリーガ公式がリバイバル!「マドリーに復帰させるべきだ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月11日

相手は奇しくもビジャレアルだった

マジョルカでは35試合に出場して4ゴールを決めた久保。(C)Getty Images

画像を見る

 2019年6月にレアル・マドリーと電撃契約を結んだ久保建英が、レンタル先のマジョルカでラ・リーガ初ゴールを決めたのが、同年の11月10日だった。

 ラ・リーガ第13節、相手は奇しくも、現在プレーしているビジャレアルだった。このゲームが10試合目の出場となった久保は、2-1と1点をリードして迎えた53分、ペナルティーエリアの外でアレイシ・フェバスからパスを受け、左足を一閃。強烈なシュートを逆サイドのネットに突き刺すゴラッソで、リーガ初弾を決めてみせた。

 森本貴幸(当時はカターニャ)を抜く4大リーグにおける日本人の最年少得点記録したこのゴールから1年が経った現地時間10日、リーガの公式SNSは、この久保の初ゴールを改めて紹介。「『KUBISMO』は2019年11月10日に誕生した。クボの初ゴールから1年(不思議なことにビジャレアルから)」と綴った。

【動画】「強烈だな」久保建英がビジャレアルから1年前に決めたリーガ初ゴール
「KUBISMO」とは現在美術における潮流のひとつである「CUBISMO」(キュービズム)とかけた、「クボ主義」を意味する言葉だ。これには、「KUBISMOが大好き。この青年は素晴らしい」「ベストヤングプレーヤーだ」「来シーズンはヴィニシウスをレンタルに出して、タケをマドリー復帰させるべきだ」「日本のメッシと呼ぶ人もいる」といったコメントが寄せられた。

 またリーガの日本版ツイッターでは、「このゴールを一言で表すとしたら?」とお題を提供。「ゴラッソ」「強烈だな」「一閃」といった反応があった。

 あれから1年。マジョルカで4ゴールを挙げた久保だが、ビジャレアルではリーガでのゴールはまだ奪っていない。再び11月に初弾が生まれるか。21日に開催される次節の相手は、保有元のマドリーだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「途方もない怒りだ」久保出場試合で発生した指揮官への“ブチギレ騒動”に現地騒然!「反抗的にボールを蹴り飛ばし…」
「侮辱だ、許されない」久保建英を“時間稼ぎ”に使った指揮官を一部メディアが辛辣批判!「本当にナンセンスだ」
“悪魔のコンビ”が再会!久保建英がヘタフェ戦後にユニホームを交換した選手は?
「カガワの放出は最も理解しがたい」サラゴサ指揮官の解任で香川真司への“仕打ち”を地元紙が糾弾!後任には恩師が復帰か?
「猛烈な勢いで日本からやってきた」伊メディアが“ネクスト南野”として若月大和をピックアップ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ