「実に恥ずかしい…」CLで屈辱の敗戦を喫したマンUに非難轟轟! 地元紙は先発11人中6人に3点の厳格評価

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月05日

がら空き守備陣には「悲惨だった」の声も

バシャクシェヒルに敗戦を喫したユナイテッド。そのパフォーマンスに批判が相次いでいる。 (C) Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドを取り巻く空気は、ますます悪くなる一方だ。

 現地時間11月4日に開催されたチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第3節(H組)で、マンチェスター・ユナイテッドは、敵地でイスタンブール・バシャクシェヒルと対戦し、1-2で敗れた。

 12分に元チェルシーのデンバ・バに先制点を決められ、40分にエディン・ヴィシュチャに追加点を奪取されたユナイテッドは、43分にアントニー・マルシアルのゴールで一矢を報いるも、その後は相手の堅牢を打ち崩すことができなかった。

 3日前に開催されたプレミアリーグのアーセナル戦で、内容でも劣る完封負けを喫していたユナイテッド。バシャクシェヒル戦では汚名返上が期待されていただけに、今回の敗戦は文字通りの痛恨である。

 当然、地元メディアでもユナイテッドへの風当たりは強まっている。とりわけ前掛かりになり、がら空きとなっていたチームの背後を突かれ、あっさりと失点したバのゴールシーンには非難が相次いだ。

 英メディア『GIVE ME SPORT』は、「ユナイテッドの守備陣は悲惨だった」と大々的に取り上げ、次のように訴えた。

「一体何が起こったというんだ……。デンバ・バが完全にフリーだったことを指示しなかったヘンダーソン(GK)にも非はあるのか? それとも、単にピッチ上の守備陣が最悪だったのか? いずれにしても敵陣に10人の選手を送り込んだユナイテッドのディフェンダーたち、誰ひとりとしてデンバ・バをマークしていなかった」
 
 地元紙『Manchester Evening News』もユナイテッドに対して悲惨な評価を下している。

 日夜、ユナイテッドの情報を発信する彼らは、「バシャクシェヒルに敗れたことは実に恥ずかしい」と総評を綴った採点記事において、なんとスタメン11人のうち6人に「3」という厳格な点数をマーク。寸評ではマーカス・ラッシュフォードを「あまりに利己的すぎた」と断じ、ブルーノ・フェルナンデスを「昼であろうと夜であろうと彼は試合中に休みすぎだ」とバッサリ。そしてバが挙げた失点シーンに絡んだネマニャ・マティッチのプレーには、次のように綴った。

「バを孤立させるために任された彼の役割を突如として不可解に放棄し、規律を欠いた」

 格下を相手にした失態で、厳しい現実を突きつけられてしまったユナイテッド。11月7日には、今シーズン絶好調のエバートン戦が控えているが、彼らは意地を見せられるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ