【浦和】「記録のために試合をしてない」W記録達成に王手も興梠慎三は“for the team”を強調!チームの課題にも言及

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月03日

J1新記録の9年連続二桁&歴代3位ゴン中山まであと1点

鮮やかな先制点を奪った興梠。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ31節]広島1-1浦和/11月3日(火)/エディオンスタジアム広島

 浦和レッズはアウェーでサンフレッチェ広島と対戦。1-1のドローに終わった。

 試合の入りは最高だった。開始わずか3分、マルティノスが左足でペナルティエリア内にクロスを送ると、中で反応したのは興梠慎三。「狙い通り」と試合後に明かした絶妙なトラップから右足を振り抜くと、力強いシュートはGK林卓人の股間を抜けゴールに吸い込まれた。

 興梠はこれで今季9点目、J1新記録の9年連続二桁ゴール、J1通算歴代3位の中山雅史(157点)まであと1点に迫った。

 しかし、その後はマルティノスがGKと1対1の場面などを迎えながらも追加点を奪えない。すると76分、レアンドロ・ペレイラに一瞬の隙をつかれ、強烈なシュートを被弾。

 勝点3までもう少しのところで同点ゴールを許してしまい、結局試合は勝点1を分け合う形となった。
 
 激闘を終え、会見に現われたエースは「最初の得点が開始早々だったので、なかなか難しい試合になるとは思っていた」と明かしたうえで、「後半マルちゃんのチャンスが決まっていれば、もうちょい楽な試合になったのかな。2点目を取るチャンスがありながら取れないのが今のチームの課題」と反省。悔しそうに試合を振り返った。

 そして個人の記録については「記録を変えるために試合をしているわけじゃない。チームが勝つために戦っているので、そこはあまり個人的には気にしていない」とあくまで“for the team”を強調した。

 次戦は少し間が空き、14日にアウェーで横浜F・マリノスと対戦。衰え知らずの34歳のストライカーには、チームのために奪うJ1通算157点目を期待したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】開始3分!興梠の絶妙トラップからのJ1通算156点目はこちら!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月3日発売
    EURO2020
    出場24か国
    コンプリートガイド
    選手名鑑&徹底チーム解説
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ