ブラジルの名門で香川真司の“獲得キャンペーン”が過熱!元Jリーガーの盟友も勧誘「インテルに来て」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月03日

クラブの会長は「良い選手だが…」

サラゴサとの契約が解除され、無所属となっている香川。新天地はどこに?(C)Getty Images

画像を見る

 スペイン2部のサラゴサに所属していた香川真司は、先月3日に契約を解除。現在は無所属で新天地を探している。

 ただ、ドルトムントとマンチェスター・ユナイテッドという欧州の名門クラブでリーグ優勝を果たし、日本代表でも10番を背負うなど実績は十分なだけに、この状況を注視するファンやメディアは少なくないようだ。

 先日は、本田圭佑が所属するボタフォゴが獲得に興味を持っていると報じられたが、今度は同じくブラジルの名門クラブのサポーターが「香川の獲得キャンペーン」を始めたという。

 現地時間11月2日に、ブラジルのメディア『Zona Mista』などが報じたところによると、同日になって、インテルナシオナウのサポーターの間で、ツイッター上で香川の獲得を求める声が拡散したという。

 かつて川崎フロンターレでもプレーしたインテルナシオナウOBで、香川のドルトムント時代の同僚であるティンガもこの動きに連動。「友よ、我々のインテルに来てください」とツイートしたことも拍車をかけたのかもしれない。

【画像】香川真司が自宅リビングを公開! サラゴサ・サポに別れの言葉を綴り、壁には大切なパネルが…
『Zona Mista』によれば、インテルナシオナウは攻撃的MFのガブリエウ・ボシリアが故障で長期離脱に。クルゼイロからマウリシオを補填したものの、エドゥアルド・クデ監督は「もうひとり欲しい」と公言しているという。

 こうした背景もあって、突如して沸騰したこのムーブメントに対し、インテルナシオナウのマルセロ・メデイロス会長は、「良い選手だが、(獲得は)非常に難しい」と語ったという。

 香川自身も欧州、とりわけスペインでのプレーを望んでいることもあり、実現は難しそうだが、その去就に世界が注目しているのは間違いなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ