川崎、今季2度目の敗戦…連勝記録は「12」でストップ!札幌がA・ロペス&荒野の2発で大金星

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年11月03日

ブラジル人コンビの投入で流れを変える!

攻撃を牽引しチームの2点目を挙げた荒野。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは11月3日に、各地で第26節の6試合を開催。等々力陸上競技場では、川崎フロンターレ対北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれ、2-0で札幌が快勝。首位チームを相手にアウェーで大金星を挙げた。

 ともに前節から中2日の試合。川崎は旗手怜央と齋藤学、脇坂泰斗がスタメンに名を連ね、今季限りでの現役引退を発表した中村憲剛はベンチからのスタートとなった。一方で札幌は、前節途中出場で久々にピッチに立ったチャナティップが、10試合ぶりとなる先発出場を果たした。

 試合は立ち上がりから札幌が猛攻を仕掛ける。2分にチャナティップ、5分にルーカス・フェルナンデスとペナルティエリア左からフリーでシュートを放つが、どちらもGKの正面を突いてしまう。

 川崎は危険な時間帯を耐えしのぐと、徐々に攻勢を強める。しかし、厳しいチェックを受けてなかなか中盤にボールが収まらず、いつものようにパスが回らない。苦しい状況が続いたが、谷口彰悟とジェジエウのCBコンビが安定感のあるブロックを敷いて得点を許さない。

 アウェーチームが押し込む展開の多い前半となったが、ラストパスやフィニッシュの精度を欠いて得点は生まれず。スコアレスで折り返した。
 
 後半川崎はスタートから三笘薫と田中碧を投入し巻き返しを図る。その三笘が左サイドから積極的に仕掛け、56分にはペナルティエリア左からゴール前に決定的なパスを送るも、レアンドロ・ダミアンの足もとには収まらない。

 札幌は61分、前線にアンデルソン・ロペスとドウグラス・オリヴェイラを入れ、一気に流れを変える。62分にハイプレスで駒井善成が高い位置でボールを奪うと縦パスを送る。これを受けたA・ロペスがゴール前に進入し左足を振り抜くと、これがゴール左に決まり貴重な先制点を挙げる。

 さらに65分にも、またしてもショートカウンターから、A・ロペスとD・オリヴェイラがパスで崩しながら敵陣深くに進出。最後はペナルティエリア右に走り込んでいた荒野拓馬落ち着いて流し込み、あっという間に2点にリードを広げる。

 その後、川崎は中村ら3選手を投入して、攻撃に厚みを加えるも、ビハインドを覆せず。最後まで守り切った札幌が快勝し、首位チームの連勝記録を12で止めた。

 次戦はともにアウェーで、川崎が14日に鹿島アントラーズと27節、札幌は11日にFC東京と33節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】荒野拓馬がカウンターから追加点を奪取! チームの大金星に大きく貢献!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ