【鹿島】「試合、あったんですか?」日本サッカーの発展を願うザーゴ監督がレフリングに苦言

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2020年10月31日

「こういうことはあんまり放置しては良くない」

やや荒れた試合となった鹿島対名古屋の一戦。ザーゴ監督は「ファウルゲーム」と振り返った。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1第25節]鹿島0-2名古屋/10月31日/カシマ

「試合、あったんですか?」

 試合後のオンライン会見で、ザーゴ監督は開口一番、そう言った。ホームに名古屋を迎えた一戦は、鹿島の指揮官にとってはサッカーの試合ではなく、「ファウルゲーム」として映ったという。

 普段は温厚なザーゴ監督が語気を強める。

「今まで僕はレフリングやレフリーに対して、あまり文句を言ったことはありませんが、今日は反スポーツ的行為というものがピッチの中で行なわれ続けて、それが野放しにされていました」

 強調したのは、キックオフ直後のプレーだ。名古屋の最終ラインからロングボールが入る。金崎夢生と犬飼智也が競り合う。激しいデュエルのなか、金崎の左腕が犬飼の顔にヒットしたのか、犬飼が倒れ込んで、ファウルの判定に。カードは出なかった。

「繰り返しになりますけど、一発目の犬飼選手に対する金崎選手の行為は退場に値するものであって、こういうことはあまり放置しては良くないと思います」

 珍しくここまで言及するのは、ザーゴ監督の信念の表われでもあるのだろう。フェアに、“サッカーをしたい”――そうした想いがあるからだ。

「レフリーの手助けで勝利したいとは一切思いません。もし僕らのチームがPKを得て、でもそれがPKに値するものでなければ、僕は『外せ』と指示を出します。それぐらいフェアにやっていかなくてはいけない。

 サッカーをする、サッカーを見たいというのが、我々のサポーターだけでなくて、サッカーファンの一番の希望であると思います。今日のような“サッカーをしない”というのは、日本サッカーの発展にはつながらない。それはレフリングとしても、日本サッカーとしても、あまり受け入れるべきではないかなと思います」
 
 自分が納得しないことがあれば、ザーゴ監督はこれからも言い続けるだろう。

「僕は常に、サッカーをする、ということを選手に言い続けています。それは日本サッカーの発展のために、残していかなくてはいけない」

 たしかに、試合を通じて微妙な判定が少なくないゲームではあった。鹿島は0-2で敗戦を喫したが、ザーゴ監督は「結果は忘れなくてはいけないし、切り替えなければいけない」としたうえで、「これもひとつの教訓に。ひとつの苦い経験ではないかと思います」と、今回の名古屋戦も今後の成長の糧にすることを誓った。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【J1第25節PHOTO】鹿島 0-2 名古屋|名古屋が金崎とマテウスのゴールで激闘に勝利

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ