【鹿島】「平常心を失う選手はナンセンス」好調のFWエヴェラウドはなぜ厳しいマークにも冷静なのか?「日本のサッカーは…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月29日

「悪質な場合は当然怒る」

得点ランク2位、エヴェラウドがピッチに立つうえでの自身の心構えを明かした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「平常心を失う選手はナンセンス」

 まさに紳士的な回答だった――。

 鹿島アントラーズのFWエヴェラウドが10月29日にオンライン取材に応じ、チームの得点源としてピッチに立つうえでの心構えを明かした。

 エヴェラウドはここまで25試合に出場しチームトップの13得点を記録。得点ランキングでも柏レイソルのオルンガに次ぐ2位と、リーグ後半戦で快進撃を続ける鹿島で重要なピースとなっている。

 そんなブラジル人アタッカーは、相手チームにすればもちろん危険な存在だ。必然的に厳しいマークにさらされるが、激しいコンタクトを受けても常に比較的落ち着いた様子で、激高した姿はあまり見たことがない。その理由について、「日本のサッカーはフェア」であると説明している。

「日本のサッカーでは全員がフェアに接してくる。悪質な場合は当然僕も怒りますが、いままでやってきてそんな選手はまったくいなかった。彼らが僕に仕事をさせないために厳しいマークをするのは当然で、僕も彼らからボールを奪うときにはやるわけで、それが普通ではないかなと思う」
 
 また一方で、プレー中に平常心を失う選手に対しては“ナンセンス”との言葉を使い、自身の考えを述べている。

「よくやられて怒って平常心を失う選手を見ていますが、それはナンセンスかなと思います。自分が変なことをやらなければ変なことをされないし、それはサッカーだけではなく人生のなかでも、ちゃんとフェアでクリーンにやっていればみんな認めてくれる。

 毎回コンタクトをされたからといって平常心を失っていったら、自分のプレーができなくなる。もともと僕はサッカーはフルコンタクトだと考えているので、べつになにも気にすることはないですね」

 現在6位の鹿島は、31日に勝点45で並ぶ5位・名古屋グランパスとホームで激突する。「我々が2位にたどり着くためには非常に重要な試合」と、この一戦が持つ価値を十分に理解するエヴェラウド。冷静なストライカーの一撃に期待が高まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】エヴェラウドのゴラッソが1位に! Jリーグ『週間トップ10ゴール』

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ