【川崎】中村憲剛が現役引退を発表。前日に決勝弾の大活躍も40歳を区切りに

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2020年11月01日

チームメイトは驚き

今季限りでの引退を発表した中村。会見で自らの口で語った。

画像を見る

 11月1日、川崎が急遽、会見を行ない、中村憲剛の引退を発表した。

 会見の様子はクラブの公式ユーチューブチャンネルで配信。出席した中村は冒頭「私、中村憲剛は川崎フロンターレを引退します」と自らの口で話した。

「最終的に判断したのは35を過ぎた時。40歳でひと区切りつけると」と、以前から40歳をリミットと考えていたと説明した。
 今週、月曜日に家族に、火曜日には小林、谷口、登里、家長ら年長者に、そして会見当日にチームメート、スタッフに自らの決断を伝えたという。

 周囲の反応は「全員『え』というリアクション。『今はないでしょ』『なんで』と、いろんな話をして」ということだったという。

 中村は昨年11月に左膝に人生初の大怪我を負い、今夏に約10か月ぶりの復帰を果たし、そのゲームでゴール。さらに前日のFC東京戦では40歳の誕生日でゴールを決めたばかりだった。

「今日は皆のまえで話をしましたが、あと2か月、皆とサッカーをできる日々を無駄にしたくないですし、楽しみたいですし、タイトルを取りたい。今後も皆と切磋琢磨したいです」と今後の意気込み語った。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「まだ超一流なのに」「不意打ちすぎるよ…」中村憲剛の現役引退発表にファンも衝撃!
【川崎】改めて示した強さの理由。リーグ新記録の11連勝達成に見えた“進化”の証
【川崎】“ファン感”を史上初のオンラインで開催。フロンターレらしい多彩なイベントで盛り上がり
【川崎】“触覚”や“聴覚”で体感するサッカー。等々力での新たな取り組み
【川崎】強さの秘密。快進撃を支えるスタッフ陣の貢献

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月19日発売
    欧州ビッグクラブ
    「強化戦略2023」
    アルゼンチン代表特集に
    キング・ペレ追悼企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ