まさかの珍事!モラタがキャリア2度目の“幻のハットトリック”達成。英メディアは「Al-VAR-o」と皮肉る

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月29日

「これは今に始まったことではない!」

3度のオフサイド判定に泣いたモラタ。(C) Getty Images

画像を見る

 マンチェスター・ユナイテッドのマーカス・ラッシュフォードが、プレー時間27分でのチャンピオンズ・リーグ(CL)“史上最速”ハットトリックを達成した裏で、イタリアでは“幻”のそれが生まれていた。

 現地時間28日、ユベントスはCLのグループステージ第2節でバルセロナと対戦。その試合で悲運に見舞われたのが、アルバロ・モラタだ。16分、30分、55分と実に3度に渡ってゴールネットを揺らすが、VARの介入もあり、全てオフサイド判定でノーゴールとなった。

 ウスマンヌ・デンベレとリオネル・メッシにゴールを許したユーベは、このジャッジも影響し、0-2で敗れている。

 なんとも不運な背番号9を、英メディア『BT Sport』は、ツイッター上でアルバロ(Alvaro)をもじり「Al-VAR-o…」と皮肉った。また、スペイン紙『Marca』は「モラタがキャンセルしたゴールでハットトリック。しかしこれは今に始まったことではない!」と伝え、驚きの過去を紹介している。
 
「16-17シーズン、当時レアル・マドリーに所属していた彼は、ラス・パルマスとの試合で1分、11分、70分で得点したが、スコアボードに上がることはなかった。彼はさらに、ユーベでも過去4試合で5回ゴールを取り消されている」

 さらにデータ会社『Opta』によれば、スペイン人ストライカーは昨シーズン以降のCLで、ティモ・ヴェルナー(現チェルシー)と並んで最多13回のオフサイドに引っかかっているという。

 オフサイド、そしてVARが頭痛の種となっているモラタ。調子自体は悪くないだけに、次は正真正銘のハットトリックに期待したいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】二度あることは三度ある?モラタの幻のハットトリックはこちら!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ