ファン・ダイクの長期離脱で殺害予告も。エバートン守護神がついに自宅へボディーガードを配備「誹謗中傷の悪質さに…」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月29日

アンチェロッティが事態の収拾を図るも…

ファン・ダイクに蟹ばさみをするような形で大怪我を負わせてしまったピックフォードに誹謗中傷が殺到。ついにはボディーガードも配備する緊急事態となった。 (C) Getty Images

画像を見る

 過剰な誹謗中傷にさらされたイングランド代表GKは、自身の身を守るための対策を講じることになった。

 事の発端となったのは、去る10月17日に行なわれたエバートンとリバプールのマージーサイド・ダービー(プレミアリーグ第5節)でのワンプレーだ。

 開始早々の5分にエバートンの守護神ジョーダン・ピックフォードが、攻め上がってきていたリバプールのCBフィルジル・ファン・ダイクと接触。この際に相手の右膝を蟹ばさみするような形で巻き込んでしまい、全治8か月とも言われる前十字靭帯損傷を負わせてしまったのである。

 おそらく故意ではなかった。しかし、過去にも同様のプレーで相手選手を傷つけていたこともあって、退場にもならなかったピックフォードにはファンや一部の識者たちから批判が殺到。エバートンのカルロ・アンチェロッティ監督は、「彼は本当に悲しんでいる」「こういうことはサッカー界ではよくあることだ」と事態の収拾を図ったが、それでもSNSでは家族に対する殺害予告など誹謗中傷が相次いだ。
 
 過剰な批判にさらされ、ピックフォードもついには、特別な対策を講じざるを得なくなった。英紙『Daily Mail』によれば、26歳のイングランド代表GKは、妻と1歳になる息子と一緒に暮らす自宅周辺にボディーガードを配備。さらにセキュリティー会社からは「SNSには一切触れないように指導されている」という。

 また、英スポーツ専門ラジオ局『talkSPORT』の質問に応じた関係者によれば、ピックフォードは酷く落ち込んでいるという。

「ジョーダンは、あのリバプール戦以降に受けている誹謗中傷の悪質さと酷さに本当にショックを受けている。そうした度の過ぎた“攻撃”から家族の安全を確保するために彼はどんなことでもすると決意した」

 リバプール戦の翌節のサウサンプトン戦(現地時間10月24日)にも先発フル出場をしていたピックフォードだが、その心中は穏やかではないだろう。過剰な批判がなくなるのを祈るばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ