「アーセナルやシティはソン・フンミン以下だ」韓国のエースの6戦8発に母国メディアも興奮!“歴代2位”の驚異的ペースでゴールを量産

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月27日

「9チームのゴール数が同じか、下回る」

バーンリー戦で今シーズン8点目を奪ったソン・フンミン。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月26日に開催されたプレミアリーグ第6節のバーンリー戦で、トッテナムは敵地で1-0の勝利。2試合ぶりの今シーズン3勝目を挙げた。

 この試合で76分に値千金の決勝点を叩き出したのが、韓国代表FWのソン・フンミンだ。エリク・ラメラのCKをハリー・ケインがヘッドで方向を変え、この韓国代表FWがダイナミックに頭で押し込んだ。

 絶好調の28歳は、これで早くも今シーズン8点目。得点ランキングでも単独トップに立った。『Sky Sports』によれば、開幕6試合で8ゴールは、プレミアリーグでは歴代2位の記録だという。

【動画】相棒ケインとのホットライン炸裂!ソン・フンミンの今季8点目となるヘッド弾はこちら
 驚異的なペースでゴールを積み重ねるアタッカーの活躍を、米スポーツチャンネル『ESPN』の公式ツイッターは「アーセナルの(チーム全体の)得点数と同じ」と紹介。これを受けて、母国韓国のスポーツメディア『スポータルコリア』は、次のように伝えている。

「アーセナルだけじゃない。マンチェスター・シティ、ニューカッスル、クリスタル・パレスも8点でソン・フンミンひとりと同じ得点数だ。ウォルバーハンプトン(6点)、WBA、フルアム(以上5点)、バーンリー、シェフィールド・ユナイテッド(以上3点)は、ソン・フンミンよりゴール数が少ない。20チームのうち、なんと9チームがソン・フンミンと得点数が同じか、少ないという皮肉な状況である」

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの“ソナウド”。どこまで記録を伸ばすのか、目が離せない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ