「虐待だ」怪物ハーランドが宿敵を粉砕した“超人的ゴール”に欧州驚愕!「ひとりだけ人間以外のリーグでプレーしている」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月26日

「凄まじいレベルにある」と称賛

昨シーズンに続き、ゴールを量産しているハーランド。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月24日に開催されたブンデスリーガの第5節で、ドルトムントは宿敵シャルケとのレビア・ダービーに臨み、ホームで3-0の完勝を飾った。

 この大一番で話題を集めているのが、ドルトムントの若きエース、アーリング・ハーランドが奪ったドルトムントの2点目だ。

 55分にマヌエル・アカンジのゴールで先制して迎えた61分だった。味方のクリア気味のボールをハーフウェーライン付近に受けた20歳の怪物は、後方からのチャージを跳ね飛ばし、そのままドリブルで敵陣に進攻する。

 いったんストップし、相棒のジェイドン・サンチョにボールを預け、前線へ猛ダッシュ。絶妙のスルーパスを受けると、GKを嘲笑うかのように、利き足とは逆の右足でループシュートを繰り出し、ネットを揺らした。

【動画】「人間業じゃない」ハーランドが決めた圧巻のループ弾はこちら
 この強さ、速さ、上手さが凝縮した驚愕のゴールを取り上げたのが、スペインの全国紙『AS』だ。「虐待だ。ハーランドがひとりだけ人間以外のリーグでプレーしていることを示すゴールだ」というタイトルを付け、次のように続けている。

「ノルウェー代表のストライカーは、凄まじいレベルにあることを試合ごとに示し続けている。彼がシャルケからどんなゴラッソを決めたのか確認しよう」

 ブンデスリーガでは、開幕から5試合連続ゴールを決めているハーランド。そのポテンシャルはまさに天井知らずと言えそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「誰も追いつけない」“怪物”ハーランドの90M爆走ゴールに欧州衝撃!「残忍なスプリントだ」
「トゥヘルとは一言も話さなかった」名古屋の守護神ランゲラック、ドルトムント時代&Jリーグを語る!「日本のサッカーはカガワ15人分の…」
「輝くポジションは絶対にある」内田篤人氏が無所属の香川真司へエール!ダービーを戦った“ライバル”の評価は?
「部外者はクボのことしか考えていない」久保建英の起用法を巡る“圧力”にエメリ監督が苛立ち!「平等に扱わないと…」
「カガワの名は不滅」ブンデス公式が香川真司を伝統のダービー歴代ベスト11に選出! “衝撃デビュー”は色褪せない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ