「クソッタレなスキャンダルだ」クラシコのPK判定にバルサの怒りが爆発!「いつもうちだけじゃないか」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年10月25日

「適切な言葉を使わなかったことを認めます」

S・ラモス(4番)が獲得したPKを巡ってブスケッツ(5番)などが不満を露わにした。(C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月24日に行なわれたラ・リーガ第7節で、バルセロナはホームで宿敵レアル・マドリーとのクラシコに臨み、1-3で敗れた。

 物議を醸しているのが、勝負を分けたPKの判定だ。

 1-1で迎えた59分、トニ・クロースのFKに合わせようとしたセルヒオ・ラモスのユニホームを、マークにしていたクレマン・ラングレが掴んで倒してしまう。その前にS・ラモスが押しているようにも見えたが、ファン・マルティネス・ムヌエラ主審はVAR検証の末にPKの判定を下した。

 このPKをS・ラモスに決められ勝ち越されたホームチームは、前掛かりになったところを突かれ、終了間際にもルカ・モドリッチのシュートで被弾。万事休した。

 この判定にバルサ側の怒りは収まらない。現地紙『AS』などによれば、試合後、審判団に何事か文句を言っていたロナルド・クーマン監督は、「私はPKだとは思わない」と語り、VARに注文をつけた。

「審判には『いつかVARの問題を私に説明してくれ』と言った。最初の数試合だけでも、バルサがファウルしたかどうかという時のみに使われている。私の疑問は、なぜバルサに対してだけ使われるのかということだ」

【画像】バルサが猛批判!物議を醸しているPKシーンはこちら
 また、MFのセルヒオ・ブスケッツは、「他のゲームでは、これと非常によく似たプレーでも、笛を吹かない場合がある。ペナルティーを評価するのは困難だ」とし、不快感を露わにした。

「審判はいつも、同じ基準で、明確なファウルでなければならないと言っている。今日はあまりにもひどい罰だった」

 辛辣だったのは、バルサの幹部のひとりであるザビエル・ビラホアナだ。PKの判定が出た瞬間、自身のツイッターで「これは、クソッタレなスキャンダルだ。ムヌエラは…」とコメント。後から「熱くなってしまい、適切な言葉を使わなかったことを認めます。ご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と訂正したが、この汚い言葉を使った批判ツイートは、話題を集めている。

 結果的にこのPKが決勝ゴールとなっただけに、バルサ側の不満はしばらく収まることがなさそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ベンゼマが絶妙のパス!バルベルデが決めた電光石火の先制ゴールはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ